F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜日はヘビーウェット P3
2009年10月18日 (日) 00:44 | 編集
激しい雨でメディカルヘリが飛べないため、ディレイが延々と続いたサーキット。結局、残り18分でセッションスタートとなりました。

しかし。

ウェイティングの間、コックピットに座っていたドライバーはごく僅か。こういうのって大きいと思うなぁ。前にこれで勝ったのがバトン@2006ハンガリーじゃなかったでしたっけ? ・・・違ったっけ? 


確認しないまますみません。そのバトン、今回は降りちゃってますね。ちなみにベッテルはこのときばかりか、後にグロージャンのクラッシュによる赤旗終了となる瞬間までマシンを降りませんでした。一貴とニコも。


まあ、今回のセッションはねー、って感じですが、それでも、ウィリアムズの2台がダウンフォースばっちり付けてきたっぽいのが興味深いですね。この2台が活躍してくれそうなのはうれしいけど、そーするとベッテルがタイトル争いから脱落してしまう! これもなぁ・・・。

そのベッテル、P2でがんがん走ってたのが印象的でした。エンジンの問題もあるのに、やるな! 優勝するかしないか、シンプルな2択。腹据わってる未来のチャンプ、この度胸がほんっとに気持ちいい。

確か、今回はシンガポールで2戦目となったエンジンを使うって言ってましたね。アブダビでは、モンツァ→鈴鹿と使用したモノだとか。「使い込んだ方がオイシイ」的な、ジョーダンか(エディじゃないよ!)本気かわかんないことを言ってたクリスチャン・ホーナーですが、どーなんでしょうね。ま、笑うとこだったのかな。

しかしレッドブル、ディフューザーを新しくしてきたばかりか、フロントウィングあと3つ持ってるってニュー情報。すごい。この本気! まだまだタマはあるってことですね。


・・・そんなこんなを思いめぐらしつつ、ケロパパはなんてケロにそっくりなんだろうと改めて感じ入ったセッションでありました。


結果

スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。