F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一番時計はニック。だが・・・ P3
2009年08月29日 (土) 19:31 | 編集
“聖地系”サーキットのひとつ、スパ・フランコルシャン。映像見ただけで、敬虔な思いになっちゃう私ってどうなの?(笑) あとはモンツァとかシルバーストーンとか、鈴鹿とかね! 


・・・と、いつものように妄想入り交じっての感想スタートです


タイムが拮抗してるのは昨日からずっとなんですが、今回のは・・・? いつもと違うメンバーが上位に来たままセッション終了しています。結果通りに受け取っていいのか、まさか今更三味線でもないだろうけど、なにがしかの狙いがあっての「とりあえず土曜日午前」なのかは不明。

しかし、晴れてるスパってのも感じ出ないですね。そういう意味では、P1のスパに萌えた(笑)。オールージュの屋根付き(へタレでごめんなさい)エリアで、いつか観戦したいなぁ



ここへ来て不具合連発なレッドブル@ルノーエンジン。しかしこれ、不思議なことに、誰ひとりとして「だからベッテルはさぁ~」「レッドブルなんて所詮・・・」的なコメントを言う人はいないですよね(いたらごめんね)。

こんなに残念な局面にあっても、ドライバー(特にベッテル♪)の力量、才能、可能性に傷ひとつついてない。むしろ、「いい環境(マシンが壊れない状況)で思う存分走らせてあげたい!」って思いをかき立てる。

F1ファンなんて、熱心になればなるほど、コうるさい小姑みたいなモンじゃないですか(笑)。私も含め。そのファンたちを、(ほとんど)口をそろえてガンバレモードにさせちゃうベッテルってすごい。昨年から今年にかけてのアロンソもそうですよね。

最高のマシンでがんがん勝ちまくるドライバーもかっこいいけど、イマイチなマシンで苦戦しつつも、力量をきちんと見せつけるドライバーってほんと、胸のすく思い イコールじゃないF1ならではですよね~


さあ、午後はちょい濡れ来るか!?


P3結果
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。