F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バトン、連勝記録を更新 トルコGP決勝 Vol.3
2009年06月07日 (日) 22:33 | 編集
19/58 ケロ、ピットでソフトを穿きます。

アロンソもピットへ。

18/58 ニコ、ピットへ。6.9。中嶋の後ろでコースに戻ります。

16/58 マッサ、ピットへ。

15/58 バトンも続きます。マークもピット。中嶋も。しかしなんかトラブってます。ホイールが?? んーー、このタイムロスはポイントを失ったかも。

・・・粛々と進むレース。しかし今までと違うのは、ドライバーの覇気が感じられる気がします。そろそろマシン差が少なくなってきた、と各自考えてるんでしょうね。

そんな一人、ベッテル。軽くしてポールを獲り、3ストップで攪乱する作戦だったんでしょうが・・・このままでは2位も危ない状態。

10/58 ベッテル、ピットへ。5,8ではありましたが・・・マークの後ろでコースに戻ります。あ~あ。やっぱり3位だよ。

おっとケロ、ピットでクルマから降ります。遂にブラウンに陰が差し染める。考えてみれば、バトンとケロのドライビングは正反対。正確無比でエコなバトンと、時に感情的なケロ。ミスもあるけど、アグレッシブな追い込みはケロの方がおもしろかったりします。今季はエコ走行の勝ちかなぁ。

バトン、マーク、ベッテル、ヤルノ、ニコ、マッサ、クビサ、グロック、キミ、アロンソ、ニック、中嶋、ルイス、ヘイッキ、ブエミ、小池、スーティル、ブルデ。

中嶋、返す返すも残念。あのピットワークがうまくいってれば、10秒は縮めていたのに。

TOYOTAが上位に戻ってきたことはいい要素。ウィリアムズも、ピットワークのミスさえなければ悪くなかったはず。ニコはまずまずですもんね。フェラーリ、ルノーはもう一息か。BMWも、いっときのことを思うとずいぶん安定してきましたね。

残り3周。ベッテル、まだ仕掛け足りないか(笑)。全力で走ってるベッテル、ちょっとかわいい

一方のバトンは完全にセーブ走行。流しちゃってます。無駄なことはしないんですね~。バトン自体が燃費のいい男(笑)。

エコなバトン、またしても連勝記録を更新。2位マーク、3位ベッテル。4位ヤルノ、5位ニコ、6位マッサ、7位クビサ、8位グロック。ここまでがポイント圏内。

・・・ただスーッと走ってるだけなのに・・・ 

スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。