F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スタートでケロ、キミを押さえる モナコGP決勝 Vol.1
2009年05月24日 (日) 21:34 | 編集
敵はトラフィック。予選からしてそうでしたが、決勝もまさにそんな感じ。改めて、狭いな~と思わせる公道モンテカルロです。

ベッテルはクリアラップが取れなかったんですね。だから空タンで4番グリッド。

さあ、タイヤウォーマーが取れました。ニコはハード、ジェンスはソフト。んー、グリーンライン多いですね。フェラーリはハード、アロンソも。一貴もハードか。積んでるマシンはハードでしょう。あ、でもルイスはハードか。

さあ、ブラックアウト。

ブラウン1-2だ。キミ、KERSパワー発揮できず。クラッシュもなく順調に走ってますね各車。アセンダントの土星とアスペクト緩かったもんね~。AS予測、スタートで大クラッシュなし、っつーのはとりあえず当たった(ほっ)。

TOYOTA不調ですね。ギヤボックス好感で最後尾スタートだったルイス、ヤルノを抜きました。続いてトンネル内でクビサもオーバーテイク。

世界中のF1ファン、キミのリベンジを待ってたと思うんだけど・・・ブラウン1-2で順調に周回を重ねています。・・・ちょっと不満。

75/78 クビサ、ピットへ。クルマが何か抱えちゃってるんですね。

ちょっとぉ~。こうなると、バトンvsケロを見届けよってこと? んー・・・。なんか地味。モナコなのにぃ~

例によって、コース上は相当なトラフィック。ルイスは前後のクルマより2秒近く速いペースです。

72/78 マッサvsベッテル。ベッテルはリアが厳しそう。流れまくってます。マッサ、ムリに突っ込んだらどーなるか・・・ あー、シケインカットでマッサ。順位戻してる隙にニコまでマッサを交わしちゃった。マッサ、怒りまくってるだろうなぁ(笑)。しかしこれはニコの勝利。

一方のバトン王子、快調に飛ばしてます。ケロを引き離す勢い。モナコが似合う男だねぇ。

70/78 ベッテル先頭で一段作っちゃってますね。よほどタイヤとのマッチングが悪いんだ。ニコ、仕掛けますがなかなか抜けない。

69/78 タイヤをいたわって走れ、と、ケロへの無線。ベッテルのタイヤがタレてるんで、それを見ての指示です。

68/78 あー。ベッテル抜かれちゃった。ニコ、マッサにやられ。タイヤーーー。あと2台にやられて、そのままピットへ。

ピケ子とブエミ、止まってる映像。ブエミがピケのリアに突っ込んだんですね。で、ピケはコースへ復帰。ブエミはダメかな。蠍座さん。

ルイス、ピットでハードへ。ニックと軽く接触したんですね。

あ、ピケもダメ? 

66/78 ケロもタイヤがダメみたいですね。キミの猛追に遭っていて、もうダメっぽい。バトンとの距離は開くばかり。まあでも、これだけタイヤに差が出るとおもしろいですね。・・・ケロは怒るだろうけど。で、キミvsバトンが見たい。

ケロ、4秒遅いですもんね。フェラーリより。キミは付き合わされちゃってますが。逆に言えば、ソフトをこんなに巧く使いこなしてるジェンスはすごい。さすが生粋のジェントルマン(=どんなときもスムース走行)。

63/78 キミ、ケロを抜ききれないままピットへ。ハードで繋ぎます。アロンソの前。

ベッテル、止まっちゃってますね。1コーナー。マシン降りてるよ(怒)。単独クラッシュだ。集中力切れちゃったかな。

62/78 ケロ、ピットへ。給油短かったですね。ハードを穿きました。

62/78 バトン、ピットへ。ハードです。これでバトンが勝てば、第1スティントのソフト使いの巧さが勝因となりますね。

これ以上ミスがなければ2位をねらえるキミ&クリス・ダイヤー。

61/78 ニコ、ピットへ。ハード穿いて戻ります。アロンソの後ろ、一貴の前。

58/78 マッサ、ピットへ。9,3、ハード。

57/78 ヘイッキ、ピットへ。

56/78 ウェバー、ピットへ。8,7。マッサの後ろ、ニコの前。ニコがんばって!

さあ、あと上位陣で入ってないのはアロンとと一貴ですが、2人は積んでましたからね。一貴なんてまだずっとあと。

さあ、そろそろアロンソ入るか。バトン依然として快走中。
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。