F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キミ、またしてもジンクス破れず スペインGP決勝 Vol.2
2009年05月10日 (日) 22:04 | 編集
SC入りましたからね。各車、当初の予定よりピットストップを遅らせている様子。

49/66 まずグロックがピットイン。ソフトからソフトへ。・・・よかったよ今回は、ソフト穿いてくれて(^-^;)

48/66 バトン、ピットへ。ほんとはケロより速く走れたのに、抜かずにガマンした第1スティント。9,3、ソフト装着。

アロンソもピットへ。

キミ、スローダウン。あーもう、フェラーリってば・・・。

47/66 ケロ、マーク、ピットへ。ケロ、6,7。短い。ソフト。ニコの前に戻ります。しかしアロンソはどれくらい積んだんだ?

ケロ、ニコ、バトン、マッサ、ベッテル、ニック、クビサ、ルイス、マーク、アロンソ、ピケ、フィジコ、一貴、グロックが見た目上の順位。

45/66 マッサ、8,6。ベッテル、8,7。

キミ、インタビュー受けてます。痩せてさらにカッコよくなっている

ケロ無線。バトン、3から2へ変更。ケロは3のままってことかな。さあ、この柔軟な変更がどう出るか。

43/66 クビサ、7,2。ちなみにすでに6台がリタイヤしています。AS誌で予測した通り、耐久戦の様相を呈してきましたねー。

41/66 ニコ、7,4。2ですね。アロンソの後ろでコースに戻ります。

ケロ、軽いから速いですね。バトンに何秒差を付ければいいのかな。10・・・5秒くらいか。

ケロが速いというよりバトンが遅いのではという解説陣。マッサとの差が縮まってきているという現状。そのマッサに押さえ込まれているのがベッテル。

よく見れば空席が目立つスタンド。アロンソが勝てるクルマに乗ってませんもんね。数年前の連勝モードに慣れちゃったファンとしては、確かにテンション下がるかも。

37/66 ケロ、バトンとの差が13秒。これなら3でも優勝できると川井さん。ケロ、遂に来たかー。

35/66 ケロ、ピットへ。ピット作業が下手でたいしてガソリン入ってなかった、と酷評されてます。6,7。

ニック、ルイス、同時ピットイン。ニック、リード保ったままコースへ。ルイス、ニックを抜けそうだったんですけどね。おっと、2台の間に一貴。

バトン、マッサ、ベッテル、ケロ、マーク、アロンソ、ニコ、ニック、一貴、ルイス、グロック、クビサ、ピケ、フィジコ。

33/66 バトンとケロの一騎打ちになってきました。ロス、どっちに転んでもバナナ祭り確実。今日進行中の月は射手座。ちなみにロスは射手座です。今日の主役だなー。

昨日のプレカンで、ケロ、笑ってませんでしたもんね。どんだけ闘志燃やしてたか。

30/66 一貴、ピットイン。

ケロ、ペースが上がらなくなってきた。バトンとのペース差10秒。こりゃだめだ。なんかねー。ジェシカさん来てると、バトン勝ちそうな気しちゃいますよね。シューが来るとキミがダメみたいに(ジンクス派)。

ケロ、どんどん落ちてる。無線です。「プッシュしろ」って言われてもねー。

スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。