F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤、復活の兆し P3
2009年05月09日 (土) 19:01 | 編集
セッション開始と共に各車続々とコースイン。インストレーションチェックではありますが、Q1のトラフィックを彷彿とさせる光景です。

KERS、フェラーリもフライホイール式にするんですね。なるほど。ってことは、それが投入されると勝機があるかも。軽量ってのは何より大きい。今季は特にね。

結果的にブラウンは速いけど、分析してみるとシンプルながらリーズナブルなマシンなのかも。とするとバトン向きだし、それ以外ではウェバーなんかが巧いかもですね。占星術でいうと、乙女座と天秤座の掛け合わせ。バトンとウェバーがそれに該当します。
・・・ま、誰が乗っても速いと言ってしまえばそれまでだけど、でも、ケロはイマイチじゃないっすか。やっぱ合う合わないってあると思うんですよね。

残り30分。ニックがやらかしちゃいました。予選前だけど大丈夫かな? ダンスが上手なニック。アップになると普通にカッコいい♪ 生やしたての頃は修行僧みたいだった髭も、今や普通のイケメン髭に見えるし。

残り15分、ルイスがソフトで2番手タイム。そろそろソフトが増えてきましたね。おっと、グロックもソフト一発、トップタイム更新。

ハードでそれに肉薄するのがバトン。そして暫定2番手のマッサもまだハード。フェラーリ、いよいよ挽回してきたか。

ニック車、戻ってきましたがイマイチ苦しそうですね。予選までに間に合うかなぁ。

さあ、そろそろ全車ソフトでラストアタックの時間です。

さすがヨーロッパラウンド。老舗チームが巻き返してきましたね。やっぱこうでなくっちゃ


結果は・・・

トップタイムはマッサ! 2番手以降にキミ、バトン、ケロ、クビサと続きます。いや~、フリーですからまだわからないとはいえ、楽しみだ
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。