F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッドブル快走 中国GP決勝 Vol.3
2009年04月19日 (日) 17:30 | 編集
26/56 アロンソがブエミに手こずってるのは、トロのストレートスピードの速さ。

25/56 バトン、マークの前にいますね。あっさり順位を取り戻されちゃった。あー、最終コーナー、みんながコースオフしてたあそこですね。

と思ったら次の瞬間、マークがバトンを再び抜いた! 意外な2人によるポジション争い。バトンのタイヤが冷え切っている様子。ブラウンGPの死角はここ?

24/56 ブルデーが異常に速い。ベッテル並みのタイムを刻んでいます。不審がる解説陣。こういうとき、地上波右京さんの解説でクリアになったりするんですよね。やっぱ地上波も見なきゃだわ。

23/56 ルイス、ピットへ。これで最後か。

タイヤがうまく発熱してくれているから速いレッドブル。やはりタイヤがカギになったレース。火星の魚座が象徴しています。

22/56 クビサのノーズが外れかかってる? 後ろにニック。抜かせるかな。クビサは速いし巧いんだけどトラブルの多い運命。アクシデントとセットで活躍する運なんです。

レッドブル独走状態。壊れなければ1-2確定です。

21/56 アロンソ、2回目のピットイン。9番手でコースに戻ります。クビサもピットへ。ノーズが外れず、交換に12秒近くかかってしまいました。

20/56 ブルデー、単独スピン。エスケープゾーンの広いところなので大丈夫。にしても今回の牛チーム活躍。ニューウェイ号が速いんだな。ウェバーがファステストを更新とは・・・(失礼)。

20/56 ベッテル、ピットイン。バトンの後ろで戻ります。さあ、バトンは今が腕の見せどころですが・・・

アロンソ、スピンしてグロックに先行を許します。3つも落としちゃったかー。まあ、ピケなら戻れなかったよな(ほんっとにごめんなさい)。

しかし、気が付けばルイスも上位でちゃんとパフォーマンス見せてます。・・・最近あまりにもタイヘンなので、ちょっと弁護したい(^-^;)

18/56 マーク、ピットイン。おお、パパいい人顔だ(笑)。

ベッテル、ものすごいファステスト。

17/56 グロックがキミを交わしちゃった。うーん。。。

バトン、ベッテル、マーク、ケロ、ブエミ、ルイス、スーティル、ヘイッキ、ニコ、グロック、キミ、アロンソ、ブルデ

16/56 ベッテルがバトンを抜きました。どうせバトンより前になるんですけどね。でも、万が一の赤旗終了を考えて、と小倉さん。なるほど。

ニコ、ピットイン。インターミディエイト着けてます。さあ、ここから何かある?
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。