F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初のSCは一貴 オーストラリアGP vol.2
2009年03月29日 (日) 15:33 | 編集
53/55:ルイスとピケの攻防。
そんなものを観るハメになるとは。ルイスのオーバーテイク祭り?になるとは・・・。ま、後方ですけどね。

それに、昨年までならすぐに仕留めてたはずなのに今季はちと時間掛かってます。2周くらいかけて抜いた模様。

・・・てことは、ルノーよりマクラーレンの方が(まだ)マシンがいいの? ががーん。。。


しかし、タイムが拮抗してるマシンが何台か。この辺、ピットストップのタイミングなどで十分チェンジ可能です。

51/55:ベッテル、バトンと共にファステスト更新し合ってます。

ああ、そうか。ソフト穿いてるクルマはデグラデーション起こしてるのか。で、ニコがキミを抜けないのはKERSを積んでないから。キミはKERSで逃げてる感じ。


いやー、タイヤ差あっておもしろいですね。

49/58:ニコ、ようやくキミを抜きました。ブレーキング勝負に持ってってコーナーで。うん、いいぞニコ(キミがんばって!)。


ニコの前はマッサ。やっぱりタイヤのせいでペースダウンしてるので、うまくすれば抜けるかも?

48/58:キミ、タイヤを替えにピットイン。ヤルノも入ります。
そうか、ソフトそんなに早くダメになるんだ。ソフト勢全員タイム落ちてます。おもしろい!

47/58:マッサもタイヤ履き替えピットイン。これ、どうなのかなあ。前だったら、この辺作戦立ててたロスが別チームにいるわけですから、むしろブラウンの方が旧フェラーリ的な戦い方をする?

ルイスもピット。

46/58:クビサもタイヤチェンジ。9,1表示。マッサの後ろでコースに戻ります。12番手。

バトン王子依然として快走。「積めば積むほどマシンはよくなる」って言ってましたもんね。
そのバトンをベッテルが追い、後ろのケロを一貴が追います。

あ、一貴はたくさん積んでたんですよね。あのリリースはFIAのミス。

44/58:アロンソ9番手、グロック10番手。アロンソ苦戦してるなぁ。でも、前のフィジに押さえられてる感も?

42/58:ベッテル、ピットへ、11,6表示。ハードを長くという戦略。
ニコも入ります。21,1表示。こりゃーミスですね。一応キミの前に戻ったけど、もうどうにもならないのでは。

41/58:一貴、マシンを止めてます。パーツ散らばってるし・・・。最初のSCは一貴キッカケか・・・。

リプレイ映像。一貴、ミスですね。縁石乗って挙動を乱した。

40/58:ケロ、ピットへ。21,2表示。宰相ロス・ブラウン、はやりハードを長くという作戦。
バトン、ピットへ。14表示。

SC入ります。だからその前に慌てて入れたロス。いやー、数年前のフェラーリだ。






スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。