F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラウン、軽タンじゃない!
2009年03月29日 (日) 00:53 | 編集
FIAから各マシンの重量が発表されました。

Pre-race weights - Brawn not running light


The weights, sorted by grid order, are:

1. Jenson Button, Brawn GP, 664.5kg
2. Rubens Barrichello, Brawn GP, 666.5
3. Sebastian Vettel, Red Bull, 657
4. Robert Kubica, BMW Sauber, 650
5. Nico Rosberg, Williams, 657
6. Felipe Massa, Ferrari, 654
7. Kimi Raikkonen, Ferrari, 655.5
8. Mark Webber, Red Bull, 662
9. Nick Heidfeld, BMW Sauber, 691.5
10. Fernando Alonso, Renault, 680.7
11. Heikki Kovalainen, McLaren, 690.6
12. Nelson Piquet, Renault, 694.1
13. Giancarlo Fisichella, Force India 689
14. Kazuki Nakajima, Williams, 612.5
15. Sebastien Buemi, Toro Rosso, 675.5
16. Adrian Sutil, Force India, 684.5
17. Sebastien Bourdais, Toro Rosso, 662.5
18. Lewis Hamilton, McLaren, 655
19. Timo Glock, Toyota, 670
20. Jarno Trulli, Toyota, 660


すごい。すごすぎる。どんだけ速いんだブラウンGP!


ケロが遅いわけじゃないってことも、ベッテルがすごかったってことも(7番グリッドのキミより重かった!)、これで白日の下にさらされました。


いやー、ドラマティック! つか、すごい


アロンソ以下、Q1・Q2敗退組はQualify終了後積めるわけですから、こちらはまた別の話。

にしても、各チームの戦略が見えて楽しいですね。第1スティントが何周か、(川井さんじゃないけど)これで予測できます。


これだけ見ると、ブラウンの2人は別次元として(そうなのか!)、3位表彰台にもっとも近い男がベッテル。続いてニコかなって感じですよね。



・・・ま、これはクラッシュがなかった場合の話。アルバートパーク、何にもなく最後まで行くとは思えません。

とはいえ、DCは今回プレスルームに軟禁されてますから(BBC解説・笑)、どーでしょうね。中段から後方が特に危ないとは言うものの・・・。

ぶつけ大王になってくれそうな(ごめんなさい)ブエミくんなんかはどうなんでしょう。明日の上昇宮(スタート時、東の空に位置する星座。レースの基本的動向を司る)は獅子座。蠍座のブエミにとってはハードな位置になりますが・・・


いやいや、ブエミ前後で何かあったら一貴がもらっちゃいそう。それは避けたい!


あともう一人、スタート直後1コーナーで接触率が高いのはウェバー。でも、母国GPだから今回はうまく避けられるかな。



あとは戦略も大きいしなぁ。そうなると、ドライバー個人の力じゃなくなるし。・・・まぁ、そーゆーところがおもしろいんですけど!


ウィリアムズ、いい流れで来てるんですけど、あまりにプロテストばっかりっていうのもどーなの?


せっかくの運気の貯金をこんなところで浪費しないよう注意してほしいっす。まぁ、レギュ激変年の開幕戦ですから、必要悪って感もありますが。




スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。