F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
切ないサンバ、雨に散る ブラジルGP決勝 Vol.5
2008年11月03日 (月) 04:01 | 編集
残り11周。ルイスは4位キープしてますね。せめてフェラーリ1-2で溜飲を下げるか。2番手アロンソとの差は2,3秒。

一族郎党(笑)従えてのパスばらまき状態に苦言を呈したい?モードまんまんの今宮さん。いいなぁ。あれやりすぎると、マッサとルイスが逆に弱く見えちゃうもん。

ニコ無線。「バイザーに雨が当たったらすぐピットに入れるからね」。確かに、しとしと雨じゃないですもんね。ザーッと来て一面濡らしていくスコール。

さあ、雨来たか?! あと7周。微妙な状況。落ち始めてはいますが、スコールというほどではない?

残り6周。ニック、ウェットにチェンジします。賭けますねー。ケロ、ニコ、ブルデー、クビサ、続々ピットへ。

雨、本格的に来た! ベッテル、ルイスに仕掛けてる! ルイス、抜かせない。

ピットは赤、銀共に準備。アロンソ、キミ、ウェバー、ベッテル、ルイス、バトン・・・みんな入ってるのに、マッサはステイアウト!

いや、マッサ入ります。最速作業でコースへ。

さあ、順位はどうなるか・・・いや、キープのままです。よかったねマッサ。優勝しないことには始まらないですもんね。

一方、グロックがステイアウトで4番手。ルイス5番手。いや、いったんベッテルに抜かれたのを抜き返した模様。いいぞベッテル!

思わぬ伏兵はグロックでしたね。ベッテルが2ストップだったらなー。ルイスを阻めたのに。


残り2周、ベッテルがルイスを抜いた!!!





ベッテル!!!



さあ、たいへんなことになってきた。

ルイスとベッテル、本気の攻防。これやらないとタイトル獲れません。

周回遅れのクビサがベッテルを抜き、ルイスを抜いた瞬間にインが開いたんですねー。いやぁ、クビサ!


さあ、ファイナルラップだ!

ルイス車載。必死だーー。だいたい、必死にならないでタイトル獲ろうってのが間違ってたんですよ。


まずはマッサ、トップチェッカー。降ったのはマッサファミリーだったはずだけど・・・



あ! ルイス、グロックをかわした! 5位だ!!!




ルイス!!!  






優勝マッサ。

ワールドチャンピオン、ルイス。




・・・・ああ・・・・。泣いてるよ、ルイス。山羊座、ラッキースター木星を受けて奇跡を起こしました。


マッサも泣いてるよー(涙)。ああ、戦ったよね。マッサは完璧だった。よくやったマッサ。あー、泣いてますね。

お辞儀した。うー、「誰も期待してない自分がやれば、すごいだろ?」と言った言葉が頭をよぎります。

一方のルイスはマーシャルに祝福されている(笑)。しかし観客はブーイング(笑)。これは王者へのエールですね。

画面変わってマッサ。冷静なマッサ。沈んだマッサ。そしてポディウムへ。あたりは真っ暗。雨はこれから激しくなるんでしょう。


流れるブラジル国家。そして、雨・・・・


マッサ、悲痛な涙顔。・・・・かっこいいぞ、マッサ! 


雨があと少し遅かったら。早かったら。ファイナルラップのルイスはなかったでしょう。そうしたら、「5位でいいんだし」的姿勢のルイスは失墜してました。


切ないサンバが流れます。そして気がつけば、2位にアロンソ、3位にキミ。強い3人、速い3人がポディムに並びました。

さあ、プレカンです。
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。