F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
粛々とスタート 中国GP決勝 Vol.1
2008年10月19日 (日) 16:23 | 編集
さすがに同じ失敗は繰り返さなかったですね。スタート、各車慎重でした。後方での接触は、残念ですが仕方ない。ヤルノ、いきなりピットへ。

スタートでヘイッキに抜かれたアロンソでしたが、これはマッサのうしろ、イン側を走ってたから仕方ないですね。ヘイッキはアウトからアロンソの前に。しかし、その後コースで抜き返してオープニングラップから帰ってきます。

さあ、とにもかくにも、何事もなく2周が経過。1コーナーの派手な攻防を期待?してた人も多いと思うんですが、ここは粘りのレースとなるか。

Lap3 ヤルノ、マシンを降ります。7番手スタートでしたが、残念。

ルイス、快調ですね。かなり軽いんだろうな。フェラーリを置いていく勢いです。

フェラーリ、2台でかなり違う仕様。キミはシャークフィンを嫌って、古いウィング使ってるんだそう。迷走が透けて見える赤。キミの不調を訓説する解説陣。ソフトをチョイスしたのが間違いか。

Lap5 アロンソ無線。「これならフェラーリより速く走れるよ」
なんてこと。フェラーリ、不調すぎ。

Lap6 ウェバー、ケロをオーバーテイク。今年を“捨てた”?HONDA、手も足も出ないのか。

Lap7 しかし。マクラーレン絶好調といいながら、ヘイッキのペースはイマイチ。ルイス中心なんだろうなぁ。ヘイッキの腕云々より、チーム全体が。

と、なると。次の注目はピットロード飛び込みの“コーナー”?

Lap9 ウェバーとピケの攻防。結局仕留めましたね。が・・・・ウェバーを抜くカメラ、それだけトップ陣に変化がないということ。

ハイ、そうでした。ウェバーは空タン。これで抜けないと、ね。

キミとルイスがファステストの出し合い。うーん、マッサ、イマイチか。サポートするよ、とジョーク混じりに宣言してくれたアロンソに、これじゃ抜かれちゃうよ・・・

変化のないまま11周が経過。雨も来なさそうだし・・・。最初のピットインまでこのままかな。
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。