F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富士@土曜日
2008年10月11日 (土) 22:35 | 編集
午前中軽くウェットだったことを除けば、何の問題もない観戦日和♪

土曜日もまた、ウソのように快適に過ぎていったのでした。


朝、平日である金曜日に比べ、道路は渋滞なし。
三島から90分という予定時間が、約1時間ほどでサーキットに到着。


私の席は、レッドブルのピット前。なんと前から2列目です(!)。マシンが近くていいというか、金網がちょい邪魔というか。

でもでも、私は物事のプラス局面をめいっぱい大事にしたい人間なので(めでたい)、なんだかワクワクでした



とはいえ、午前中は雨だったので、屋根のあるエリアに避難して観戦。そうしてる人、すごく多かったです。指定席なのに、折り畳み椅子持参してる強者とか(笑)。


さて。
肝心のレースですが・・・


P3、一番時計はクビサでしたね。各車いろんなことを試しつつ、でも午後は晴れるだろうし、あんまりウェットで走っても仕方ないし・・・・って流れだったみたいですね。


でも、それでもいいタイムを出せるのはそれだけクルマが決まってるから。もちろん、本人の腕は言わずもがなだけど。


グロック、2番時計来ましたねー
私のプチ予言、僭越ながら当たったと言っちゃっていいっすか?(うぃっしゅ



そして、午後。
もちろん、ポールはルイスです。
これも、当たったと言っちゃっていいっすかマジで?(くどい)


てゆーか。
ルイス以外の人を予測する方が斬新ですけどね。

でも、予想外のことがバンバン現実のものとなるのがF1。
まだまだわかりません。





あーでも、現地で観てるといろいろ思うところあります。

目で見える速さ、というかオーラというか。
300キロ越えてるのに、止まって見えるような神々しさというか。



 神走り



っていうんですかね。


1年前までダッサダサのカラーリングがアウトって感じに見えていたあのルノーが、今やどこよりもおしゃれで素敵なシャシーに見える。



さすが、1国2開催にした男。

国王よりも人気のある男。



・・・・すごい



あの程度のマシンであの完成度。フェラーリやマクラーレンに比べてまったく見劣りのしないパフォーマンス。


ほんっと、神々しかったです。


ほかには、「本気で走ればすごいんだけど、ちょい流してる感じのキミ」とか、「まぁ最近よくなってはきたけど、結果論で言うと普通に巧いよね」なオチ的マッサ、「キレてて才能あるとは思うけど、正直思い入れる気になれない」ルイス。

こんなところが気になりましたねー。



あとは、一貴。

なんかもう、健気でねぇ。。。
すっごいもの双肩に乗っけて走ってるんだと思うんですよ。背負いすぎですよ。

でも、スクール時代から走り込んでるサーキット。山羊座の場合、「経験がある」と思えることは何よりの自信に繋がるんです。

さらに、彼は「根拠のない自信」を持てないタイプなので(持つ人いっぱいいます。てゆーか、人目に触れる職業の人は、これがあった方がいい)、その思い(=事実)が何より力になるんでしょうね。



で。

ダブルでニコ抜き。


よくやった


オーラとはったりでぐぉぉぉん・・・っていくドライバーではないので、1戦1戦、足場を作りながら経験していくしかないんですよね。

間違いなく今年のメインイベントなんで、集中して、後悔のない走りを見せて欲しいですね。







それにしても。

1コーナーに琢磨横断幕がずらずら~~~~って掲げられてたんですけど、あれ、カメラに抜かれました? まだ全部録画チェキしてないんで、ちょっと確認できてないんですが・・・


抜いてよね、あれ!
ファンが琢磨を待ってるってこと、世界中の人に示してほしいなぁ。

今、日本の星である琢磨を乗せたら、レッドブルがどれだけ売れるかってことをマテシッツさんにアピりたいですよねぇ。。。





そんなこんなで。

渋滞もなく帰宅し、帰りの「こだま」でも無事座れ、するーっと(まるでバトン様のように)帰宅した私です。



明日はいよいよ決勝。どれくらい入るのかなー。
金曜日3万、土曜日5万、日曜日7万くらいかな??
(注:あくまでも私の体感です)

スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。