F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アロンソ、表彰台が見えてきた! シンガポールGP決勝 Vol.4
2008年09月28日 (日) 22:29 | 編集
Lap30 アロンソ無線。ヤルノがあと4周でピットインするからね、と。


となれば、アロンソが久々のラップリーダーに。


・・・あれれ? マッサッサがクビサに抜かれてますよ。どういうこと? もしかしてあのとんでもないミスで、クルマにダメージ負ったのかもね。

「そうじゃなくて、もうやる気がなくなったんだ」的な解説陣コメント。いやー、辛口ですねー。私以上に(苦笑)。


Lap31 そのマッサ、ピットで思いっきり積みました。スーパーソフトを穿いて、このままラストまで駆け抜けようという作戦。


Lap33 ヤルノ、ようやくピットイン。さて、タイヤはどうするか? あー、スーパーソフトだぁ! で、積んでる・・・・。9.9秒を「微妙」と川井さん言ってますが、いや、これは1ストップでしょう。

一貴の前でコース復帰しちゃったヤルノ。一貴が仕掛けますが、難しいかなぁ。


さあ、ラップリーダーはアロンソ。1ストップにしたヤルノとのバトルか。


アロンソ、前クリアで自己ベストを更新。


  待ってたよーーー、こういうの!


Lap34 ヘイッキ、ピットへ。これも最後まで積んだかな。


ヤルノとアロンソの差は24秒。てことは、アロンソがあと1回ピットストップしたら・・・・すっごく微妙な位置関係になりますね。

それまでにどこまで飛ばせるか。

ドライビングの巧さはピカイチ。あとは、マシンが壊れないことを祈るしかありません。

おっと、ヤルノは積んじゃったからペースががた落ち。とばっちり受けてる一貴(^-^;)



ちなみにパット・シモンズは双子座。今日の運勢はなかなかいいです。ドメニカリも双子座だけど、トンバジスは4月22日。ギリギリ牡牛座、マッサと同じ。


この辺が勝因の1つになると思いたいけど・・・



Lap38 一貴、ようやくヤルノを抜きました。続いてキミもヤルノを料理。うーん、一貴が何周もかかったものを、わずか半周ほどでやってのけたキミ。この辺はさすがだなー。

そのキミ、マッサのピット事件があったから間違いなくとばっちり食ってますもんね。あれがなければ、今頃もっと前にいるはず。


Lap39 アロンソ、ペースを一定に守りながら美しいラップを重ねます。美しすぎる。あのハンパなマシンで(ごめんなさい)よくぞここまで。

ルイス、DCに仕掛ける気なし。言うまでもなく、マッサが自滅したから頑張らなくていいと思ってるんでしょう。こういうところ、反感買うんだよー。まあ、ロンがそれでいいって言ってるんだろうけど。


さあ、ルノーのピットで動きが。アロンソ、いよいよピットインです。

Lap41 アロンソ、ピットイン。どこで戻れるかが勝負だなあ。ルイスの前で戻ってほしいけど・・・

ハードを穿いて盤石の態勢。



やった! DCの前だ!!!





やったーーーー。

DC、もっとルイスを押さえてね。

と、思ったら・・・

急にルイスがDCを抜いた(爆笑)。

突然やる気になってるんじゃないよ(笑)


まあ、ルイスはまだ1回ピットインしますからね。大丈夫なんだけど。

つか、ぶつけてくるなよー。



・・・なんか不穏な空気。


と、思ったら。

Lap42 ルイス、ピットイン(ほっ・・・)。DC、一貴も入ります。

DC、リグ差したまま出そうになりました。が、あわやのところで大事には至らず。久々のポディウムが掛かってますからね。


Lap43 ベッテル、ニックがピットへ。各車SCの可能性を考えて、少しずつ早めに入ってる感じです。

さて、ラップリーダーはアロンソですが、その次に控えているのはグロック。たぶんあと1回ピットインするはず。と、いうことは・・・

ニコ、ルイスが来る??


スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。