F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェラーリ凡ミス 審議結果は・・・ ヨーロッパGP決勝 Vol,3
2008年08月24日 (日) 22:12 | 編集
Lap22 ニック、ピットイン。各車ハードで繋いでますね。8,5秒。

Lap23 「タイヤOK」というグロックの無線。ブリジストン、200戦目のメモリアルなんですよね。ハミー浜島さん、安川さんがキミとマッサからレーシングスーツをもらったというエピソードも。

Lap24 マッサが39秒台でぶっちぎってるのに対し、キミは40秒台。きっちり1秒違います。どうしたキミ。
S1が異常に速い、マッサ。自信持ったら神にもなれるのが牡牛座のすごいとこ。

しかし、このパターンで目にもの見せることしかできなかったんですよね、マッサ。それが彼の勝ちパターン。通好みじゃないんだけど、ここまで強いと認めざるを得ない。貫き通すことが大切です。

Lap26 ピケ、フロントの一部が壊れてます。てゆーか、ピケか・・・。フラビオも散々ですね。

Lap28 ウェバー、フィジコ、ピットイン。ふたを開けてみれば、1ストップ組もけっこう多かったですね。1/3くらいかな。

グロック、まだピットインしてないですが5番手。1ストップでいくとして、上位でのフィニッシュが期待できます。

ウェバーのピットストップ、リプレイ。ピットの砂埃がすごいですね。海沿いとはいえ。

Lap30 バトンの予選、ピット位置の不運?により失敗したようですね。そんな理由かい! しかし、それも見越して計算してほしかったですが・・・まぁ、ファンはいろいろ言うんですよ(笑)。

グロック、10,8。ピットストップを終えました。
ケロ、一貴もピットイン。この2台がバックマーカーながらバトってるってことですね。

しかし、リタイヤはアロンソ1台という異常なレース展開。

Lap32 DCピットイン。

Lap33 ピケ、ピットイン。最後の1台でした。1ストップで粘る作戦、彼の場合多いですね。

コースライン外すとダスティだなぁ。真っ黒ですね。

Lap35 マッサ、さっきからファステスト更新しまくってます。S1のぶっちぎり。誰も追従できません。ルイスとの差も約10秒。鉄板だ。

Lap37 マッサ、ピットイン。スーパーソフト、8,5秒。スーティルとピット出口であわや接触。ひやっとさせられました。

マッサ、クーリングカバー取ってます。冷却重視。「実験重視」って川井さん。キミが実験してたようですね。ちなみに、路面44度。

あー、レースコントロール出ちゃいました。審議対象。マッサとスーティル。ドライブスルーペナルティ出ちゃったらどうするんでしょう。ルイスに優勝をプレゼントしちゃうじゃん。いくらスチュワードが赤寄りとはいえ・・・。

ニコ、ベッテル、次々ピットイン。レースはいよいよ終盤に。

スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。