F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピットストップでルイス、マッサより積む作戦 ハンガリーGP決勝 Vol,2
2008年08月03日 (日) 21:53 | 編集
Lap18 赤と銀、共にピットクルー出るが銀がフッと引っ込む。
マッサ、ピットストップ。川井さんは積んでると読んでたんですけどねー。いちばん早かった。ハード装着。アロンソの前に出るかたち。
続いてクビサ、ウェバーも。この辺はいかにも軽そうな面々。クビサ9,5秒。
ピケも入ります。

Lap19 ルイス、ピットへ。これは作戦ですね。さあ、どれくらい・・・9,4表示ですが、実際には8,9秒くらいか。てことはマッサより数周第2スティントを長く取る作戦。一瞬、フライング仕掛けて駆け引きしましたね。

Lap20 グロック、ピットへ。あー、ノズルがなかなか入らない。4~5秒ロスしましたね。残念。ただクリアなところに戻れたのは不幸中の幸い。
ベッテルもピットへ。

Lap21 ヘイッキ、ピットイン。ピケの後ろでコース復帰。

Lap22 キミとアロンソが共にピットへ。クルー、ミスるなよ!
アロンソ8,7で前。共にハード装着。バトりつつコース復帰。DCの後ろか。この位置でバトってるのもおもしろいですけどね。2大王者が。

Lap23 ヤルノ、ピットへ。8,8と出たけど8,6くらい? 今度はノズル入りましたね(笑)。
ベッテル、2度目のピットイン。トラブル出たか。あ、リタイヤですね。残念。

Lap25 ピケ、ピットへ。いちばん重いクルマでここまでがんばりました。あわやってタイミングで、キミの後ろでコース復帰。あと一歩だったんですけどね。キミにやられてしまいました。

アロンソ、無線でクビサの位置を気にしてます。誰と戦ってるのかきちんと把握してるんですね。冷静です。

Lap27 いまだ入らないDCを国際映像が抜きます。ソフトを使い切って戦う作戦。1ストップなのか?
・・・ん? 右リヤのパーツがぐらぐらしてる映像。ちょっと危ない予感。またしてもDC・・・・

Lap28 キミ、ルノーの2台にサンドイッチされていて、結果的にルノーのペースで走らされる羽目に。

Lap29 バイザー投げてDC、ピットへ。8,3秒。変則的2ストップですね。コースに戻るタイミングでケロとバトることに。かろうじて前に出て、バトったまま走行を続けます。

Lap30 ニコ、スーティル、ピットへ、ニック、一貴、バトン、ケロ、ブルデーはまだがんばってます。
 
Lap32 ブルデー、ピットで消化器の泡まみれになってる映像。バトンと共にピットインしていたようですが・・・・リピート出ました。燃料が漏れて、安全のために消化器をかけたんですね。

微妙かつ確実に、ルイスがマッサに引き離されてる模様。こんな展開になるとはねー。ほんと、F1っておもしろい。

Lap33 ケロ、一貴ピットへ。ケロ、トラブってます。なんだあれ? ガソリンが出なくてやり直したのか? いや、いったん漏れて出火したもよう。あれれ? 一貴も出火してる?

一貴、ハードからソフトへチェンジ。1ストップかも。てゆーか、そうするでしょこれは。

Lap35 ニック、ただひとり今だピットインなし。1ストップですね。粘り腰で行け、牡牛座!

スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。