F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マッサに神光臨! ハンガリーGPVol,1
2008年08月03日 (日) 21:26 | 編集
順当に行けばルイスのポール・トゥ・ウィンは確実。それを如何に阻止するか、各チーム作戦立ててるはず。フェラーリは第1スティント長い作戦か。

キミはハードのユーズド。マッサはニュー。だいたいハードなんだけどDCはソフト。マクはニューを2本ずつ残してるんだそう。完璧ですね。気温29度、路面44度。

ピットロードが60メートルも延びた(昨年比)んじゃ、2ストップがせいぜいでしょうね。3ストップはよっぽど。SCの絡みもあるしね。

マクの2台とマッサは重い、ってのが川井さんの読み。マクラーレン、ほんとに余裕ですねぇ。


マ、マッサが!

スタートからいきなりマク2台抜き。すごい。今初めて(ごめん)心からマッサをカッコいいと思った! やればできるんですね、マッサ!

一方のキミは順位を落とし、グロックは4番手。ヤルノもピケをかわしました。

いやー、すごい。感激さめやらぬ。マッサ、ほんとにかっこいい。今日は保存版ですね!


Lap3 ルイス、マッサの後ろにピタッと付いてます。まさか抜かれるとは思ってなかったでしょうから、今頃カッカきてるはず。とはいえ、ここで熱くなるとミスるしね。冷静にプッシュするのみ。

Lap4 この2台、ファステストの出し合いっこしてますよ。あとは、どちらが早くピットにはいるかですね。ここでルイスが先だったりしたら、相当マッサに有利。

Lap8 トップのマッサと、11番手のDCとのタイム差約2,5秒。DCのみソフトってのもあるでしょうが、それにしてもすごいですね。マッサ、順調にルイスを引き離してます。

Lap10 グロック、「リアにプレッシャー」と無線。チーム側は平気だよ、と回答。非常に微妙なところなんでしょうね。路面が高いと感じやすいとか。

Lap11 じわじわとキミがアロンソに肉薄。マシン性能的にはルノーよりはるかに上でしょうが、抜きにくいサーキットですからね。さて、どうなるか。

Lap14 グロックは順調。グロックまでが21秒台です。昨年GP2でポールを獲っているとのこと。その経験は大きいですね。

さあ、小康状態ですね。動きが出るのはピットストップが始まってからかな。
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。