F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カギはタイヤが握る イギリスGP決勝 Vol,2
2008年07月06日 (日) 21:46 | 編集
Lap9 ウェバー、快調にオーバーテイク祭りを敢行中。「オレは軽タンじゃないからね」って言ったんですって(笑)。気にしてたんですね、予選番長。

Lap10 ヘイッキがスピンした隙にキミにかわされ、ルイスーキミーヘイッキという順位に。こうなるんですよねー。わかってたことですけどね。

さて、5分後に雨の予想。しかしどうだかなー。

Lap11 スーティル、マシンが飛び跳ねるようにコースオフ。単独スピンで、いきなり90度近くマシンを降ってグラベルへと突っ込みました。
このあおりを食らったブルデー、その隙にオーバーテイクしたのは一貴。

Lap12 あー、きてるかな、雨。フェラーリのオンボード、水滴が落ちてるように見えますね。

すごいな、マッサが最後尾ですよ。今回、意外なことばかりでほんとにおもしろい。

Lap15 ウェバーがバトンをオーバーテイク。クリーンファイトで抜いていきました。ウェバー、ほんとにマシンキマってたんですね。

マッサが後方で順位アップに手こずっている間、キミはルイスに猛追。いいラップを重ねてますね。てゆーか、ルイス、タイヤは大丈夫?

Lap19 ヘイッキ、まずピットへ。軽かったのねー、わかってたことだけど。タイヤはインターミディエイトのまま。
クビサの前でコースに戻ったけど、クビサ、抜きたいですよねー。さあ、どうするかな。

Lap20 アロンソ、ピットへ。タイヤ交換なし。ああー、ヤルノの後ろで戻っちゃった。これは抜きづらいか。

Lap21 続いて、ルイスとキミが同時にピットへ。給油のみのキミに対し、タイヤを換えるルイス。やはりタイヤに厳しいドライビングなんですね。

Lap22 マッサ、ピットへ。このレースいいとこないですねー。

おっと、雨! ニック、このタイミングでピット。タイヤチェンジ。ピケも換えます。

ああ、てことはフェラーリとアロンソ、換えなかった組が不利!
しかし、雲の間から太陽も見えてる?! たく、読みづらいなぁ。

Lap23 クビサ、ピットへ、。タイヤ換えてます。
キミ、タイム上がらない。タイヤ換えなかったから・・・。ルイスと5秒差!

一貴、スピンするもコースには戻った・・・・かな? 国際映像が切れちゃった。
ニックはヤルノを抜いてますね。タイヤ換えたしー。

アロンソも遅いですね。気の毒なくらいタイムが出てません。すべてがルイスにとって都合のいいように動いてる。しかし、タイヤを換えたピケとのタイム差が・・・・悔しいなぁ。

Lap25 グロック、バトン、ピットへ。国際映像は来ないけど、タイヤは換えてるでしょうね。

Lap26 アロンソ、ピケに抜かせてしまったー。タイム差を考えると仕方ないですね。ほんと、運不運。

アロンソ、しょーがない。ピットへ!
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。