F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本勢、ここで全滅 Q2
2008年07月05日 (土) 21:45 | 編集
さあ、ベッテルの評価がさらに上がってきました。
解説陣、ベタぼめ。

F速携帯サイトで、私があんなにもフィーチュアリングしたベッテルの強運。そろそろわかりやすく来たかなぁ?(笑)

国際映像は、悔しそうなバトンの画。ホームグランプリなのにねー。Q1敗退とは。HONDA、アップデートしたって話だったのにぃー。

タイヤに厳しいシルバーストーン。それだけ聞くと、ルイス危うし?! って気もするけど、ヤバくなる前にピットインすればいいだけですから、レースに影響はないのかなぁ。有利じゃないことは確かだけど。

さあ、真っ先にコースインしたのはアロンソ。続いて、残りのクルマもコースへ。

残り5分、不調のクビサがソフトでアタック開始。イマイチ決まらないって無線で言ってましたが、いやいや、どうして。見事3番手タイムを出しました。もうひとりの不調ドライバー、ニックも堂々4番手。

にしても、いい音だな~

ヤルノさん、細かいことでいろいろ言ってますね。「ハイスピードでボトミングするんだ」とのこと。
蟹座はディティールまでバシッと合わないと気持ち悪いタイプ。これをクリアできれば、結果に繋がるんですけどねー。

さて、結果は。

DC、グロック、ブルデー、ヤルノ、一貴がKO。

ベッテル、最後のラップかっこよかったですねー。
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。