F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウエット、のちドライ P3
2008年07月05日 (土) 19:15 | 編集
エキストリーム、インターミディエイト入り乱れてのスタート。途中だんだん晴れてきて、ドライのハード、そしてソフトへと移ろってのタイムアタックとなりました。これがレースだったら、けっこうおもしろかったかも。

ラストホームレースのDC、途中2番手タイムを出したりしてたんですが、最終的にトラブルに見舞われマシンを降りています。吉凶がものすごいダイナミックレンジで混在するのがF1。あのデビューに始まって、最後はどんなドラマを展開してくれるんでしょう。

トップタイムはアロンソ。軽かったのかな? フェラーリは中断に沈んでますからね。こちらはきっと重タンか。

マクラーレンは、ルイス5番手、ヘイッキ3番手。ルイスパパの表情が暗いですね。
ヘイッキのスムース走行、さすが天秤座。効率よくすすーっと行くタイプなんですね。
一方のルイスは、山羊座と魚座のドッキング。感覚的に「来た」ときは確信的に踏んでいくんだけど、迷いがあると踏めないor派手にコースアウトするんだなぁ。

一貴16番手、ニコ13番手。コンマ5秒近い開きはちとマズイです。まあ、違うことしてたのかもしれないけど(そうかな~?)。

契約更新して気分爽快なウェバーが2番時計。まあ、彼が軽いことは間違いないですけどね。

にしても、シルバーストーンは来年でひとまず終了かぁ。日本の富士ー鈴鹿みたいな、いろんな事情があるのかもしれないですね。
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。