F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストーリィのある男 ヤルノ、堂々の3位入賞 フランスGP決勝
2008年06月22日 (日) 22:56 | 編集
喪章をいただいて堂々の3位表彰台。魅せてくれました、ヤルノ! 友人を亡くした直後、ポディウムで天に向かって突き立てた人差し指が鮮烈だった、2005年マレーシアGP(2位入賞)を思い出します。さすが、ストーリィのある男。

チームメイトのグロックが11位ですから、TOYOTAの台頭というには時期尚早かもしれません。むしろ、トゥルーリのいいところがすべて出たレースだったって言えるかも。

神経質な集中力。五感をフル稼働することにより、見えないものを見、聞こえないはずのものを聞けるようになる、ある種“いっちゃった”領域に到達したんだと思うなぁ。セナが毎回(たぶん)感じてたあれです。

そして何より、圧倒的な強さを魅せたのがフェラーリ。もともと2台だけぬきんでてた状況ですが、それにしても、キミ! あのマシンでよく最後まで。そしてマッサも、やるべきことをきちんとやり遂げることができ(それが当たり前なんだけど、できなかったレースもけっこう多いです)、リーズナブルな活躍を魅せました。

マクラーレンは、やはり今日はヘイッキでしょう。最後のヤルノとの攻防は見応えあった! 踏めないドラーバー、抜けないドライバーも多い昨今、「俺は違う!」ってところを魅せてくれたのは秀逸でした。

一方のルイスは、今回いいところありませんでしたね。まあ、(ドライブスルーはあったにしても)これ以上グダグダにならなかったってのはマシだったのかも。何というか、ルーキーらしい一戦でした。

そして、ルノー。ピケ、ようやくいいところ魅せましたねー。途中、ルイスとの攻防があったりして、けっこう存在を印象づけてました。そして最後のオーバーテイク。あれはある意味、チームからのプレゼントだったんだろうなぁ(チームオーダーという意味ではありません。運が味方した、とでもいう感じ)。これで少しは持ち直したかな。まあ、大甘ですけどね。

そのアロンソ、マシンが調子悪かったみたいですね。スタートで抜かれたのは、危険を冒してポディウムを逃したくなかったから。しかし、その後持ち直せませんでした。残念だけど、ポイントはしっかり獲ってるので、次に繋がるはず。

BMWは、今回はハズレでしたね。しかしクビサはきちんとがんばれていたので、ニックの不運が不憫でなりません~。マシンが合わないんですよきっと。クビサにはしっくりくる仕上がりなんだろうなあ。

ウィリアムズは、ある意味順当なレースでした。重タンでの1ストップ(ニコ)。一貴もコンサバなレースをしましたね。ただ、プラスアルファがないのは残念。普通のレースなんで、F1に期待してないですもん。まあ、まだ1年目。今後に期待しましょう。

レッドブル、意外にいいな~という位置で安定してます。ニューウェイ号がキマってきたんですね。

トロは、ベッテルが12位、地元GPのブルデーは17位。ベッテル、イマイチなマシンでがんばってます。

HONDAはコメントを控えます。今季はもう捨てたのか?


とにかく!

ファイナルラップへと向かうヤルノ、第1コーナーを鋭角に切り込んでいった映像が頭に焼き付いてます。キレてる走りでした。まぁ、これを毎回できればキミになれるんだけどね・・・・(おっと辛口)。
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。