F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モナコのベスト&ワーストドライバー
2008年05月26日 (月) 14:08 | 編集
いろいろあったモナコGP。終わってみれば、チームごと、ドライバーごとに明暗くっきり分かれた形となりました。

そこで。

独断と偏見による、モナコのベスト&ワーストドライバーを決定

まったくの独断なので、笑い飛ばしてくださる方のみご覧下さい。



ベストドライバー

第1位 ベッテル(トロロッソ)

ずーっと不運気味だったベッテルだけど、晴れて自身初の5位入賞。本人も喜びのあまりプールに飛び込んだとか。

彼の運気はこれからですよ。
めざましい上昇に期待!


第2位 スーティル(フォース・インディア)

素晴らしいドライビングで荒れたレースをよく制し、自身初の4位入賞目前。
ヌーベル・シケインで惜しくも悪夢と散ったわけですが、でも、国際映像はしっかり抜き続けましたから! 世界中のF1ファンが彼を認めたはず。


第3位 クビサ(BMW)

コンサバなストラテジーとドライビングの勝利。
力のあるドライバーが落ち着いてドライビングすればこうなったんだといういい例。


次点 アロンソ(ルノー)

ちょっと甘いかも、だけど(笑)。
正攻法でいっても無理なんだから、敢えてアグレッシブに攻めた元王者。
結果は伴わなかったけど、楽しませてくれました。




ワーストドライバー


第1位 キミ(フェラーリ)

おそらくはマシンも不調だったんでしょうが、最後のあれはいただけなかった。
突っ込んだのがスーティルじゃなければよかったんですけどねー(DCとか)。スーティルに“次”のチャンスはほぼないだけに、印象が悪くなりましたね。

ただし、本人はきちんと謝罪してます。
これが誰かさん(DCとか)なら謝ってないと思う。


第1位タイ マッサ(フェラーリ)

「トラコンなしでモナコ走れんの?」ってプレスの揶揄を、そのまんま受けちゃった格好。
あのグダグダはダサかった・・。
F1ドライバーなら誰もが乗りたいと思うクルマに乗って、アレですから。

そして、フェラーリはチームとしても惨敗。
ストラテジーの失敗は、天候という予測困難な因子が原因だから百歩譲るとしても、ピットストップのミスは酷かった。今や全チーム中ダントツ1位、BMWのピットを盗撮(!)したんじゃないのかい(注:フェラーリは当然否定しています)。



第3位 ピケ(ルノー)

確かにあの状態でのドライタイヤは難しかったでしょう。
しかし、アロンソが見事にクリアした同じ場所で、あえなくウォールにヒット。あっさりリタイヤしちゃったときには・・・

そのシート、君以外に乗せたい奴がいる・・・と、思っちゃいますよねぇ。

スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。