F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
路面が乾きつつある中、再び雨の予報 モナコGP決勝 Vol.3
2008年05月25日 (日) 22:12 | 編集
Lap16 手負いのニックが次々と抜かれていきます。こりゃー仕方ないよなぁ。

Lap17 一貴がケロに仕掛けようとしてるとき、ピケにやられちゃった一貴。でも、ダメージはそうでもないかな。

ニック、ピットイン。フロント交換して、タイヤはスタンダードのまま。雨量は少なくなってきたとのこと。

さあ、マッサvsクビサの一騎打ちなのか? 
残り60Lapあるとはいえ、2時間ルール適応の方が先に来ちゃいますねー。事実上残り50周?

キミ、やっぱりペース遅いですね。マッサより1秒近く遅れを取ってます。

なんとなく膠着状態? 各車各チーム、データ分析に忙しいんでしょ。ライバルチームのストラテジー分析もあるしね。

おっと、波乱に次ぐ波乱で見落としていた。アロンソとニコ、コースに復帰してますね。

Lap25 いよいよクビサがピットイン。ここで一位を明け渡してしまうのか? まだあきらめるのは早いか? 8,7秒。マッサのあと、キミの前でコースに戻ります。

あらら、そのキミ、フロントウィングが奇妙な形で揺れちゃってます・・・ 1コーナー、単独ミスでガードレールにヒットか。

Lap27 キミ、ピットイン。ノーズ交換と給油、タイヤ交換。16,1秒。残り分全部入れちゃった計算? スーティルの後ろでコースに戻ります。

Lap31 キミ、ほんとにマズイですね。明らかにマシンがおかしい。
一方、乗ってるのがスーティル。初ポイント獲得でしょうか。
・・・てゆーか、こんな信じられない奇跡を、昨年のカナダでSAF1は起こしてたんですねー(何度でも言うぞ・笑)。

Lap32 マッサ、ピットへ。2番手のクビサとは十分なマージン。楽々トップでコース復帰という計算。11,7秒。これも最後まで積んだかな。
これでマッサがミスなく走りきれば、そして天候に変化がなければ、初のモナコを制すことになります。

Lap34 ヘイッキ、スタンダート装着で11.2秒。

Lap36 アロンソ、ニコに抜かれました。エキストリームのままなのかな? とすると、乾きはじめのこの路面はツライはず。

Lap38 ヤルノ、10,8秒、スタンダードウエットのまま。

「15分の間に雨が降る」との予報。と、思ったら・・・

グロック、ガードレールにキス。リアを潰しちゃいました。

Lap39 フィジ、マシンを降りました。200戦目だったのにねー。

さあ、雨は来るのか、来ないのか!

スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。