F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決勝直前。
2008年05月25日 (日) 04:22 | 編集
決勝日の天気予報は雨。しかも雷の恐れもあるとか。

と、すると・・・・





いよいよわからない!



軽めのフェラーリは変化にどこまで対応できるか未知数だし(どのタイミングでSCが出るのかによって吉凶分かれる)、荒れたレースはマッサがいちばん苦手とするところ。むしろフロントローのキミの方が、巧いレースをしそうな気も。

ルイスはあのローズヘアピンへの手こずりっぷりを見ても、うーん、なんというか、隙がある感ありますよね。ヘイッキは、なんとなく運が悪くてクラッシュしてるイメージが強いけど(ごめん)、直前に罰金ペナルティ支払ってるので、運気的には貯金があると見ます。

射手座のクビサはダークホースだけど、荒れたときって・・・どうなんだろ?? しぶとい勝ち方ってあんまりしてない気が。



そして、ニコ。

地上波のインタビューみて、ニコの顎のラインがすっきりしていたことに驚きました。開幕前、「一貴はスリムだから。ボクもダイエットしないと(笑)」と言ってたのを思い出します。

・・・・そうかぁ。たまたま速くなったわけじゃ(もちろん)ないんですね。ずっとずっと、積み重ねてきた努力とモチベーションがあったんだ。


さあ、そして・・・

関係者とファンがいちばん注目してるといっても過言ではない、アロンソ。確実に雨を味方にしそうなドライバーのひとりです。

何と言っても・・・

P3で、ウエットコンディションになったときの一番時計

マシン性能差が比較的現れにくいモナコで、ドライバーの力量が問われる雨のレースになったら・・・・



それから。

HONDAの中本さんのコメントが紹介されてましたね。ウエット歓迎モードの。

HONDAといえば、荒れたレースで優勝を果たしたハンガリー。あのときも現地解説は西岡アナでした(そっちかい!)。

ちょっとゲン担ぎ(笑・まあ優勝はないけどね)。
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。