F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずはマッサ P1
2008年05月09日 (金) 17:34 | 編集
SAF1のいないグランプリの開幕です。


目に見えるようだなぁ。
ケロがぴっかぴかのメットかぶって、誇らしげにコースインしてるのが・・・

ケロも結局、何がやりたかったのかわからないまま、F1から去ることになるのか・・・(本人はまだ続けたい?みたいだけど)

ミハエルの元でご奉公し、嫌気が差してHONDAに来たものの泣かず飛ばず。

だいたい、ずーっと速いマシンにスイスイ乗ってた人が、いきなりそうでもないクルマに乗り換えたところで、タイムなんて出ませんよねぇ(辛口)。

アグリ号なんて、マッサが運転したら1周でコースオフですよ(まだ言うか)。
まぁ、あれを何とか走らせることができるのは、琢磨とアロンソくらいだな(まだ言うよ)。
「ミハエルでもきっと無理」と今宮雅子さんが書いておられたし。・・・冗談でしょうけど。

                            

各車インストレーションラップのみでなかなか走りません。まあP1ってこういうモンなんだけど、今回ばかりは勿体ない感ありますよねぇ。

ターン3から9にかけて、路面がウェットだって出てますね。それが渇くのをみんな待ってる、と。

動きが出たのは残り50分を切った頃。ヘイッキ、ブルデー、一貴と、次々にコースインしていきます。




ずっとヘイッキがトップタイムをマークしてましたが、フェラーリが走り出しちゃうとあっけなく塗り替えられました。

そして恐るべし、アロンソも上位に滑り込み。ヘイッキとルイスの間でネームが輝いてます。マシンがほんとによくなってきた、って言ってますもんね。これは楽しみだ。

マシンといえば、新車投入が先送りされたベッテル、泣いてましたね~。こんなんで運気がいいと言えるのか、ってツッコミもあると思います。が、彼に関して不思議なことは、たいした結果が出せていないのに、彼の市場評価が下がってないこと。

これってすごくないです??

フェラーリが欲しがってる、なんてウワサもまことしやかに囁かれる始末。
結果が出ないのはマシンのせい。でもドライビングの才能はある・・・・って、定説が揺るがないんですよ。ちょっとしたことでソッポ向き放題のF1村においては、もはやミステリーです。





さて、結果です。

一番時計はマッサ。このサーキットは得意でしょうからね。てゆーか、そろそろ勝たないとヤバイ(笑)。スイスイ走るクルマに乗ってるんだし(辛口♪)。

2番手はヘイッキ、ヘイッキからコンマ3秒ほど遅れてルイス。さらにコンマ4,5秒ほど開いてアロンソ。いや、でも来てますよ。・・・って、まだP1だけどね。

少しタイムが開いて、5番手以降はバトン、一貴、ニック、ケロ、ピケと続きます。もちろん、誰が何試してたのかわかりませんけどね。

あ、キミは計測してないですね。ってことは、マッサが別に速かったわけでもないか(だから辛口)。
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。