F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中団勢の攻防 またしてもDCが・・・・ スペインGP決勝Vol.4
2008年04月27日 (日) 22:30 | 編集
L39 琢磨がピットイン。明らかにおかしい給油の様子。

カメラは再び、ピットに戻ってきたアロンソを抜きます。清々しい表情。なんかキラメキがほとばしってるよ・・・

琢磨への無線。プッシュすればフィジをしのげる的なこと言ってますが、単に希望的観測だと思っていいのか? 「さっきのピット作業が10秒でてきていれば」と西岡アナに突っ込まれてるし(笑)。ファンの声を代弁してくださってますねー。

L41 ニコ、エンジンブロー。ツキがなかったですね。やはり今日は山羊座デーだからな~。蟹座のニコより、山羊座の一貴にツキがあったんでしょう。

さあ、ここから主役を引き継ぐのはキミでしょうか。はたまた、クビサやルイスが化けるのか。

「バルセロナは観光がてら行くのはおすすめですが、抜きづらいサーキットなのでレースが単調になりがちなのが今ひとつ」とは今宮雅子さんのコメントでしたが、今年はほんっとに異常な展開。解説陣もみなさん意外がってます。

そんな中、琢磨が残ってくれてるのはすごいこと。ハードを穿いてるってことは、これで最後まで走りきるためのガソリンをたっぷり積んでます。

L44 フィジ、ピットへ。ほらね、こっちは8,9秒で終えてますよ。琢磨、7秒くらいピットでロスしましたよね。残念。

L45 マッサ、ファステスト。そうなんです。抜きづらいサーキットだから、ポール・トゥ・ウィンには打ってつけ。マッサのお家芸、逃げ切りレースにはもってこいのサーキットなんですよね。今年いちばん面食らってるのはマッサかも。

L46 ニックのピット作業は7,1秒。BMWの士気の高さがこんなところにも見て取れます。ちなみにこの直後のマッサは7,2秒。BMW、きてますね。

続いてウェバー、ヤルノが次々とピットへ。

L47 キミ、ルイス、クビサも次々にピットイン。てことは、順位は・・・・

キミ、マッサ、ルイス、クビサで4番手まで変わらず。表彰台メンバー、これで決まったか。

フィジのうしろにぴたりとつけたニックをカメラは追い続けますが、うーん、抜けないんですね~。ニック、フィジにつきあわされてる格好。いや、抜かせないフィジがうまいのかもしれないですね。

L51 一貴(6,9秒)、グロック(5,9秒)、ピットへ。1秒も違うの?!

L53 気がつけばクルサード、グロックのフロントを・・・・ オーバーテイクしようとしたグロックに対して、ドアを閉めたのか、「ミラーの位置が悪くて見えなかった」(笑)のか。
ヤルノも調子悪いみたいだし。TOYOTAもツキがない感じ。

L54 ピットアウトしたバトンと、一貴の位置関係は・・・・ああ、バトンが前だ。
ニック、ようやくフィジをオーバーテイク。やりましたねー。フィジの鼻先をかすめるようにして前へ出ました。

DC、3度目のピットへ。前戦に続いて、琢磨の後ろですよ(笑)。

さあ、いよいよレースは終盤へ・・・・
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。