F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アロンソ劇場に幕 スペインGP決勝 Vol.3
2008年04月27日 (日) 22:03 | 編集
L28 SCが入ってレース再開。琢磨、11番手に上げてます。アロンソは一瞬クビサを仕留めにかかりましたが、うーん、リスキーなので無茶は避けましたね。

L29 キミの築いたマージンもなくなったわけですが、すぐにまた取り戻すんでしょう。こういう、ギリギリで展開の変わるレースの方がキミに合ってますしね。(ちなみにマッサはその対局。ポール・トゥ・ウィンの逃げ切りレースが得意・笑)

L30 ニックに10秒のペナルティ表示。最後尾に落ちてしまいます。想定内とはいえ、不運です。

キミと同じく、ギリギリレースの方が活躍できるのが琢磨。たとえピットタイミングのおかげとはいえ、11番手を走ってるなんて!

L33 ニックがようやくピットへ。ペナルティにより10秒間の停止です。復帰はもちろん最後尾。その前にいるのはフロントを交換したケロ。

ロンとマリオ・タイセンがルールに反対? で、「この2人はルールがわかってない」との説? マシンに自信があるから、不確定要因は入れたくないんでしょうね。

L34 あーーーーー、アロンソ、白煙を上げてストップ。エンジンだぁ・・・・ 炎も出てる・・・・ あぁ、でもよくやったアロンソ! 観客も拍手とホーンで健闘を称えます。ああ、予選の録画なんで消しちゃったんだろ・・・(>_<)

一方、ケロも同時に降りちゃってますね。観客の関心が100%アロンソで、ちょっと申し訳ないが・・・

あれ? 草むらの中に降りてきてアロンソに話しかけるファン。それに対応してるアロンソもすごい。てゆーか、なんか泣ける・・・

エンジンに異変を感じた直後、スマートにペースダウンして静かにマシンを止めたアロンソ。最後までカッコよかったなぁ。。。もう気品すら感じる

と、私のみならず解説陣もアロンソの話題から離れません。ああ、感激さめやらぬアロンソ劇場・・・・
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。