F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3回目のSC トクをしたのは・・・ オーストラリアGP決勝Vol.4
2008年03月16日 (日) 14:50 | 編集
やっぱりサバイバルレースになりましたねー。レースの半分が終わって、クルマも(ちょうど)半分しか残ってません。

それにしても、琢磨は大健闘です。ほんと、何度もいうけど、あのマシンでよくやった。できる限り、いやそれ以上のことをしましたよ。こういう奇跡力を持った人だけ(順当に速いだけではダメ)がチャンプになれると思うんですけどねー。もうちょっといいマシンがあればなぁ・・・。

さて、38Lapを過ぎてようやく、ブルデーへの注目が集まります。魚座の彼にとって今日はいい日。しかもチャンプカーで連続チャンピオンですから、荒れた展開はお手の物なんですよね。

さあ、41Lapを過ぎてもまだ優勝者がわかりません。まあルイスが片足掛けてるけど、にしても、もっとぶっちぎりでポール・トゥ・ウィンだと考えてた人も多いと思う。調子のいいときのマッサみたいなパターン。ところが、結局軽タンだったわけだし、BMWとの差はそんなになかったってことが驚きです。

Lap42、またしてもキミがやっちゃいました。どんだけギリギリなんだ! キミは一貴にポイントをプレゼントしちゃったかなー

同時に、ルイスとニコがピットへ。ルイスはケロの後ろでコースに戻ります。

44Lap グロックがウォールにクラッシュ。縁石? じゃなくて何にヒットしたんだろ。またしてもSCです。そういえば一昨年は4回入ってましたねー。やっぱり荒れる開幕戦。

ケロがピットストップ中に給油。10秒のピットスルーペナルティ覚悟の行為ですね。ってことは・・・・

一貴、またしてもプレゼントもらう?

・・・・さあ、よく計算してみましょう。ポディウムに立つのは、あの・・・・

スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。