F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
急転直下のドラマ 中国GP決勝
2007年10月07日 (日) 16:46 | 編集
小雨ぱらつく上海サーキット。台風襲来直前。文字通り、嵐の前の静けさです。。。

しかし、最初っから豪雨の中SCスタートとなるよりは、これからどうなるかわからない状態のこんなスタートの方が断然おもしろいですよね。雨はいつ、どれくらい降るのか。SCはいつ入るのか。そして、天候が味方するのはどのドライバーなのか・・・。

スタート直後、アロンソ行く! と思ったら、マッサ取り返す!
すごい。これでこそF1ドライバー。こういう攻防が見たかった。

さあ、Lap2でいきなり豪雨。琢磨も着実に順位を上げています。
各車、ほとんどがインターミディエイトで出てるようですが、「雨はあと5分で小振りに」との最新天気予報はケロのチームラジオ。もう少し様子見ですね。

マッサ、意図的に(たぶん)ペースを落としてアロンソを押さえにかかってますね。うーむ、マッサ的にはいい仕事してるんだけど、アロンソとしてはつらいなぁ。

同じくつらい派がヘイッキ。セッティングがどうしても決まらないと解説陣。何でも、フラビオもパット・シモンズも来てないっていうじゃないですか。何か問題があったんでしょうけど、今季はもう捨ててるのか?って思われても仕方ないかも。

どんどん順位を落とすヘイッキ。内圧がおかしいのではとのチームラジオ。琢磨も、一時は14番手までジャンプアップしたんですけどね。やはり車がついていかないんでしょう。少しずつポジションを落としています。

結局ポール・トゥ・ウィンかぁ・・・と、いささかテンション下がり気味だったところへ、キアヌ・リーブスの映像。ちょっと復活した(笑)。

Lap13、アンソニーがストップ。マシントラブルですね。予選はいいけどレースがイマイチという流れ、これはアンソニーにとって来季の課題なんでしょう。

Lap15 ハミルトン、タイヤは替えずに給油のみのピットストップ。雨はひどくならないとう読みですね。
続いてLap17 マッサがピットへ。今のうちに、行け! アロンソ!(あ、なにげにアロンソの応援・・・^-^;)

Lap19 キミがピットへ。続いてDC。
しかし、秀逸なのはラルフとニコ。着実に順位を上げています。バトンも美しくバトル中。ラインがきれいです。

あと10分で再び雨との予報。タイヤをどうするのか、給油のタイミングは・・・と、まさにストラテジーの見せ所。昨年はおもしろかったですよねー。ロス・ブラウンvsパット・シモンズ。今年はそれがない分、なんか物足りない。。。

さて、Lap23、いち早くウェバーがドライを装着。さて、タイミング的にはどうかな?
ファステスト出し始めたブルツはソフト。ウェバーはハード。さあ、おもしろくなってきた! 今入れろアロンソ!・・・・って、しかし10分後に雨との予報も。これをどう判断するか。

さあ、各チーム続々ピットインしてソフトを装着。
Lap26、せっかくアロンソがマッサを抜いたと思ったら、マッサはそのままピットへ。ソフト装着しちゃったよ~。またアロンソ抜かれちゃう・・・。

Lap27 ペースが落ちたハミルトンにキミが襲いかかります。雨が来たせいか。雨なら、ソフトに変えたマシンは不利。
ラルフ、おもしろい攻防を魅せてくれたんですが結局STOP。
国際映像はハミルトンvsキミを抜いてるけど、タイムはアロンソの方が上。

Lap28 キミ、行った! これでおもしろくなってきた♪

ハミルトン、右リヤが壊れてます。さあ、今だアロンソ!
Lap31 ハミルトンSTOP! マーシャルが集まってきましたが押せません。F1の神様っているんですね・・・。すごい、すごすぎる・・・・
ピットレーンの入り口、事実上コーナーなんですよね。鋭角に左に回り込んでます。

Lap32 キミ、ソフト装着。続いてアロンソ、お気に入りのハード装着。さあ、この判断がどう出るか。

Lap34 見た目上トップを走行していたクビサがコースアウト。うーん、惜しい。
一方、なんだかんだでじわじわポジションアップしているバトンがいい位置につけてます。レースの流れが、昨年のハンガリーに似てますよね。

Lap36 残り30分は雨なしとの予報。ってことはレース終盤、パラつく可能性あり?
あーおもしろそう! 富士行かないで上海行けばよかった!(おそらくほとんどのF1ファンの本音でしょ~)

しかし、中盤勢の攻防も見事だし、ほんっとにおもしろいレース。
ジェントルマンなバトンにも火が点いてるし。バトンとフィジコでファステスト塗り替えてる現状って?!

Lap42 バトン、ピットへ。
ベッテルはこのままいくのかな? としたら4位フィニッシュは確定。日本GPでは泣いてましたが、ようやくこれで日の目を見られるかな。

Lap52 キミの美しいラップがオンボードで。ほんとに美しい。が、左リアの白線がもうありません。キミ、ファイナルラップにドラマがある男ですが・・・・今回も最後の最後まで余談を許さない?!

今になってファステストを出してきたマッサ。何で今頃? 出し惜しみしてた??

さあ、残り3周。雨は来ないようですね?
・・・・手に汗握る攻防の末、キミがトップチェッカー。続いてアロンソも。これでタイトルの行方はブラジルへ。ほんとにいるんだなあ、F1の神様。

ベッテルもバトンも歓喜の表情。見応えのあるレース、マーシャルも喜んでる♪
ベッテルのチームラジオ、19歳絶叫(笑)。ここんとこのいや~な雰囲気(私のね)を吹き飛ばしてくれました。

琢磨、14位完走。左近、17位完走。チームメイトがリタイヤしてますからね。マシンがイマイチだったんでしょうに、よく頑張りました。

ポディウムのキミとアロンソ、誇り高い表情が印象的です。
 
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。