F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろんな意味でリベンジ FP2
2007年10月05日 (金) 16:47 | 編集
なんかこう、スカッとさせてほしい・・・・
そんなF1ファンの思いを受けて、アジア連戦第2弾 中国GPが開幕しました。

FP2、トップタイムはアロンソ・・・と書いてたら、どうやら、終了直前に画面が固まったLive Timing見てたみたいです。確かに、ドライバーの一部のセクタータイムが空欄になっててヘンだとは思ってんたですよね~。失礼。

てことで、もとい。トップタイムはFP1、FP2共にキミでした。

でもなぁ。FP2、4番手5番手にトゥルーリが入って来ちゃってるんですよねー。トゥルーリは決してきらいではないけれど、正直、昨日の今日ではTOYOTAに感情移入しづらいってのが本音。

富士でも、空タンでイッパツ出したっていいますもんね。FP2。川井さんだっけかな? かる~くそう言ってのけたのは(確か、他のドライバーのコメントとして言ってました。マッサか誰かの)。

FP1ではカズキが頑張ってたんですけどね。来季は彼の走りが土日も見られる気がします。ウィリアムズだとよいな~。

さて。
ハミルトンの“危険走法”がいよいよ問題になってますね。

確かに、見ていていかがなものかと思いましたもん。ガクッと速度を落として、アロンソのマシンに“逆アテ”に行ってるかのような危なっかしいブレーキング。ヴェッテルだって、それでとばっちり受けたんじゃないの?・・・って。

あれがテクニックの1つなのかな? とも思った(もしくは、アロンソとレギュレーションぎりぎりのところでイヤがらせ攻防?してるんだと思ってました)ものの、FIAが調査に乗り出した今、やはり問題あったということなんでしょう。裁定がどうなるかは政治次第だとしても。

ま、多少操作した方がこれから盛り上がるしね・・・・なんて、モズレーも思ってたりして。
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。