F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マクラーレンに厳罰
2007年09月14日 (金) 09:35 | 編集
通称“ステップニー・ゲート”についてFIA本部で行われていた裁判の結果が発表されました。なんと・・・・

こんなことに・・・

まだ情報が錯綜してる部分もあるようなので、今日の午後(現地朝)になるとまた一方が入るかもしれないですね。

前々からこの類のキナくさい事件&FIAのなんだかな~の裁定は日常茶飯でしたが、その最大にして最悪なケースが出てきてしまったという感じ。

スパイ疑惑って、もともと定義自体がアイマイですよね? だって、スタッフやドライバーは毎年かなりの割合でシャッフルされてるわけですから、前のチームで見聞きした情報を一切出さずに仕事することは不可能。というか、それコミで移籍することは暗黙の了解ですよね。

ピットでも、他チームのマシンを目を皿にしてチェキするのはごく日常的な風景。問題は、意識的に、細部に渡り、「情報を流した」と自覚し、その記録を残すことにあるのかなぁ。。。

マシンの図解をやりとりしていたメールが証拠として提出されたそうですが、何にせよ、証拠は隠滅しないとだめなんですね~。うーん。。。

いずれにしても後味悪い。これも政治、これも勝負? そうなんですか、ジャン・トッド様。まあ、フェラーリあってのF1ってのは大前提だけどさ。。。

唯一の希望は、2人のドライバーはお咎めなしとなったこと。これでドライバーズタイトルまで操作されちゃったんじゃ、ファンはドン引きですもんね。こうなったら、アロンソとハミルトンの正真正銘ガチンコ勝負に注目だ!
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。