F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おもしろすぎる! FP3
2007年03月17日 (土) 10:25 | 編集
曇り空で小雨ぱらつくアルバートパーク。昨年はあそこにいたんですよねぇ。懐かしく思い出されます。

それにしても! レギュがもろもろ変更になり、メインドライバーがシャッフルされ、期待の新人がたくさんデビューという今季のおもしろさ。これは出色でしょ。

さて、雨まじりでスタートしたセッション、序盤はインターミディエイト、続いてハード、最後にはソフトと、さまざまなタイヤを見せてもらえました。

最後の一発、各車来るのはわかってたとはいえ、すごかったのはキミ。そして・・・

アンソニー! 

これ、4年のテストドライバーとしての経験がすごく効いてますよね。そして精神力。溜めに溜めたエネルギー、モチベーション、悔しさや憤りやフラストレーションが、一気に爆発したという感じ。・・・まぁ、本人は楽しみながら乗ってただけ、と言うかもしれませんが。

タイヤ事情、燃料事情など、各チーム違うわけですからいちがいには比べられないけれど、それでも最終的に4番手に滑り込んだのはすごい。一方の琢磨も9番手。これはもう、普通に(笑)予選やレースを楽しめますよね? 2周遅れ、3周遅れだった昨年がもはや夢のよう。

さて、セッション結果は・・・

トップタイムはキミ。2番時計はフィジコ。ルノー、なんかイマイチっぽい雰囲気でしたが、基本的には仕上がってるんでしょうね。アロンソがいないせいで、実態以上に地味に見えている(ごめん、フィジコ)だけだったのかも。

3番手はハミルトン。F速携帯サイトにも書きましたが、この人はほんとうに才能豊かでメンタリティも素敵です。それが顔に表れてましたね~。一方のアロンソは7番手。

4番手にアンソニー、5番手はマッサ、6番手にニック。アロンソを挟んで、ちょっとミスが多いイメージのあるコバライネンが8番手。

HONDAは15、17番手、TOYOTAは13、14番手と不本意なポジション。まぁ、TOYOTAはいつもこんな感じですけどね。一発を出しに行かないことが多いですから。

しかし・・・・

これは絶対叩かれるな、SAF1。シャシー問題に関しての抗議は予選後という話でしたが、・・・・
ポイント剥奪、出場禁止・・・・なんて、悪い想像が駆けめぐる今日この頃。でも、とりあえず取れるだけとっておくべし! 祝、初ポイント!(早いから)

FP1前
FP1後
FP2前
FP2後
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。