F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天気は回復 FP2 
2007年03月16日 (金) 13:18 | 編集
さあ、あっと言う間にFP2のスタートです。

今度は各車いっせいに走り出しました。FP1の前半はウェットコンディションだったんですね~。だからいつにも増して、走行を控えるクルマが多かったよう。途中から路面が渇いてきたので、ようやく(ほぼ)全車走り出したという流れだったそうです。

さて、そんな中でのFP2。だんだん、今季の勢力図が見えてきそうな順位となっています。

そんな中、途中で特筆すべき現象が。それは・・・

琢磨、バトンとタイムが拮抗! 何年ぶりですか奥さん! 

しかも、共に12Lapの走行(開始45分頃)。0コンマ4秒強バトンに遅れてはいますが、それでも、タイムシートに隣同士で名前が載るなんて・・・(涙)。まぁ、その頃(つまり3年前)琢磨とポイントランキングを争ってたマッサは今やアロンソとトップ争いしてますけどね・・・(遠い目)。

ちょうどその頃、コバライネンとケロのクルマにSTOP表示が出て赤旗中断。
(補足:ヘイッキがコース上でストップしてイエローフラッグ。直後、ケロがそれを避けようとして?バリアにヒットし、赤旗中断)

ちなみにこのとき琢磨は、タイムシート上でバトンとケロに挟まれた格好です。こんな日が来るんですね・・・(感慨)。

15分後、セッション再開。残り時間が少なくなるにつけ、各車タイムアタックに出始めます。

上位陣が華やかな戦いを繰り広げる一方で、私の目を奪ったのは・・・

スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。