F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マカオGP決勝 優勝はコンウェイ
2006年11月19日 (日) 23:09 | 編集
予選レースでトップチェッカーを受け、見事ポールを獲得した可夢偉。平手も3番手につけるなど、今日の決勝レースが楽しみでした。が・・・

残念ながら、他車との接触があったり、自らクラッシュを期すなどして、日本勢は下位に沈んだ模様。優勝はコンウェイ(英国F3チャンピオン)、2位にアンティヌッチ(ASM)、3位にMF1サードのスーティルが入りました。

あのベッテルも23位に終わっていますから、ある意味、期待されたドライバーの多くが下位に沈んだレースだったのかも。いや、コンウェイは実力通りの優勝だったとは思いますが。

日本勢、結果は大嶋の7位が最高位。続いて18位に池田、19位に可夢偉、27位に平手。塚越と中嶋はリタイヤに終わりました。

あれだけぶっちぎりに見えていた昨日までの流れは何だったのか。改めて、レースを制する、とりわけマカオを制することの難しさを痛感させられた日でした。

Conway wins in Macau

スポンサーサイト
固定リンク | F3 | - | - |
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。