F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上海開幕 FP1
2006年09月29日 (金) 13:16 | 編集
琢磨のエンジン交換が報じられたのは昨日。上海はともかく、2戦目となる鈴鹿まで同じエンジンを使わなければいけないわけですから、待望の“鈴鹿スペシャル”は結局使えないことになってしまいました。

と、上海なのになぜか気分は鈴鹿モード。先週末にバトンやトゥルーリのデモランを観たばかりですしね。

さて、そんな中、いよいよラスト3戦となる上海が開幕。FP1が行われました。

結果は、

ブルツ、アンソニーが突出して1,2番手をキープ。2人に2秒近く遅れて、バトンが3番手、ミハエルが4番手。例によって、終了間近にスーッとコースインして叩き出したタイムです。ミハエル、いつもの涼しい顔でパドックに姿を現したようですが、秘めた闘志はもの凄いはず。

ルノーの2台と、ウィリアムズの2台、フィジ、デラロサ、マッサはガレージから出ず。

キミは4Lap走っているものの、タイムアタックをしていないばかりか、・・・何なんでしょうねこのタイム? 何かを試していたのか、インスタレーションラップを4周した?のか。ま、金曜午前中のことなので、深い意味はないんでしょう。

琢磨、S1はけっこう速いんですが、S2が遅いですね。ダウンフォースがないのかな~、やっぱり。しかし、モンタニーがアメルミュラーと僅差のタイムを出してますから、マシンのポテンシャル自体は向上中?

FP2はこちら
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。