F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鈴鹿サーキット、リリース発表
2006年09月20日 (水) 20:56 | 編集
99%無理とわかっていても、あと1%の可能性に賭けていた、来季の鈴鹿開催。今日正式に、鈴鹿サーキットからリリースが出ました。

モビリティランドによると、来季のF1GP開催はなし。また2008年以降については、「将来再び開催できるよう、FOA、FIAとは連絡を取り合って参ります」と表現。要するに、当面は開催不可能ということのようです。

覚悟はしていたけれど、正直ショック。F1ファンなら皆知っていることだけど、あそこは聖地なんですよね。初めて鈴鹿を訪れたとき、あまりにも多くの精霊が息づいているのを肌で感じて、体中に電流が走りましたもん。きっと皆さまも同じだと思います。

本田宗一郎さんや、セナ。そのほか、モータースポーツを愛して、鈴鹿を愛したたくさんの人の思いが集まっていて、サーキットに渦巻いている感じ・・・。すごく尊くて、敬虔な体験をしたと今でも思っています。

富士は富士で立派なサーキットでしょうし(まだ行ったことありません)、何年も通うようになれば、愛着も出てくるとは思います。TOYOTAさんの威信もわかるしね。鈴鹿から開催地を奪い取らなければいけなかったお家事情も、推察するにやむなしという感じ。

とにかく。いろんな意味で、ひとつの時代が終わるのがこの2006年なんでしょう。今年の鈴鹿は、例年以上に熱くなりそうですね。そして、混みそうだ・・・。覚悟して臨まねば。
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。