F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペナルティの真相
2006年09月10日 (日) 13:22 | 編集
昨夜からあちこちで話題になっている、Q3でのマッサのオンボード映像。どう見ても、アロンソに妨害されているようには思えません。

しかし、このラップでアロンソがマッサの進路妨害をしたとして、アロンソは予選タイムの上位3つを無効とされ、結果的に4秒近くダウンしたアウトラップでのタイムをベストと認定されました。

FIAの不可解なペナルティはいつものことですが、それを今やるかなぁ。まぁ、それがF1だと言ってしまえばそうなんですが。

これについては、すでにいろんなところで議論されていますよね。今のところ、「確かにアロンソは意図的にマッサを妨害してた!」という意見の人はいないようです。

あのとき、とにかく速く走らなければいけなかったのはむしろアロンソの方。タイヤがバーストし、十分なアタックをできないままQ3を終えてしまう危険がありました。タイトルがかかっているというのにね。

・・・ま、これについては分析しても仕方ない気がします。もうペナルティは下されてしまったのだし、どう抗議してもそれは覆りませんからね。事実がどうであったかより、結果としてのFIAの意図をそのまま読み取るしかないんでしょう。

しかし、FIAの判断とファンや関係者の判断は違う模様。・・・ま、これもF1か。
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。