F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
混戦レース、まずはキミがPP ハンガリーGP公式予選
2006年08月05日 (土) 22:55 | 編集
何ということ。ミハエルまでが赤旗追い越しのペナルティを課せられ、アロンソ共々Qごとに2秒加算が決定。誰が悪くて、どの件がリークで、誰がソンしてトクしてるのかもはやよくわからない状態に。

ともかく。そんな中でも予選は粛々と進んでいくわけで・・・2秒の加算をふまえた上で、ニュータイヤでがんがんタイムを出しに行く2人のチャンプは確かにカッコよかったですが・・・。でもなぁ。

結果は・・・

キミが2戦連続ポール。そりゃそうでしょう。赤と青のトップが下位に沈めば、キミが来ないと話にならないわけで。

しかし一方では、獲れるはずのポールをみすみすキミにくれてやった感のあるマッサ。ここでポールを獲ってレースをコントロールするのがロス・ブラウンのストラテジーだったのでは? なのに、速さのあるマクラーレンに先頭を率いられては、どうしようもないじゃないですか。

もう一方の雄、フィジコはなぜか8番手に沈んでいます。何かあったとしか思えないタイムですが、こちらもまた、ここでがんばらないとどうしようもないわけで・・・。なやましい2人のセカンドクラブ。

HONDA、TOYOTA共々、だんだん安定してきましたね。明日の気温にもよるけれど、大難を小難に押さえる流れで、何とかポイントゲットしてほしいです。

実際、30度半ばくらいの路面温度だとどうなんでしょうね? 川井さん曰く、「明日はもう何がどうなるかわからない」そうですが。シャシーとタイヤのマッチング、そのギリギリのラインで結果が決まるんでしょうね。狭いせまーーいスィートスポットに当てられるか、それとも「逸れ具合」を如何にわずかに留められるか。

マクラーレンなんかは、それを見込んでか?キミデラロサでセッティングを大幅に変えてきたとか。キミは軽めのダウンフォース、デラロサはモナコ同様のハイダウンフォース。

もともとハンガロリンクは、「ドラッグが増えてもダウンフォースを付けた方がいい」サーキットであるとは琢磨選手の弁。う~ん、どうなんでしょうね?

実際、キミのユーズドタイヤはすでにグレイニング出放題。しかしラバーが乗ってくると収まる可能性がありますから、それに賭けたんでしょうね~。

さて、もう1つの見物は、やっぱりクビカでしょう。素敵なサプライズを起こしてくれればいいんですが。でも、明日は何といっても赤vs青のオーバーテイク祭りだから、影が薄くなっちゃうかな?

                        

琢磨はアルバースとモンテイロの間ではありますが、宿敵モンテイロがまたしてもQ2進出を果たしたことを考えると、まだ物足りないって感じですね。今までガマンを重ねてきた分、あのビッグマウス・モンテイロをガツンと抜き去って欲しいです。・・・・ま、それはBスペック投入のイスタンブールまでおあずけですけどね。
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。