F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MF1躍進 FP2
2006年07月01日 (土) 04:23 | 編集
ドイツvsアルゼンチン戦を見終えたであろうクルー、そしてドライバーの姿を想像しつつ、FP2です。

金曜日といえば、いつもはサードドラーバーたちの競演。サードはエンジンを温存する必要がないため、レギュラードライバーより速くて当たり前。周回数も圧倒的に多く、データを採ってくるわけですが・・・・しかし今回は、中盤にアンソニーやクビカをも凌ぐ勢いでフィジ、マッサが上位に入ります。

最終的には、フィジのタイムを塗り替える形でアンソニーがトップを奪回。2番手はやはりこの人、クビカでした。

3番手にフィジ、4番手にマッサ。そして・・・・5番手になんと、MF1のサード モンディーニが! そして6番手のミハエルを挟んで、7番手にはモンテイロが着けています。いったいどうなってるんだMF1?

                        

左近は一時琢磨を上回るタイムを出していましたが、最終的には最下位となりました。琢磨はアルバースから0コンマ2秒落ち。モンタニーは開始早々STOP表示。

琢磨、S3は比較的速い(最高速、速すぎ。なんで?)のですが、S2が遅いですね。インフィールド区間に弱いのは、あのマシンですから致し方ないかも。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。