F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アロンソ パーフェクト・ウィン イギリスGP決勝
2006年06月11日 (日) 22:30 | 編集
いったい誰が予想していたでしょう。燃料を積んでいたのは、ミハエルではなくアロンソ。第1スティントを長く取る“ミュータブル”作戦に出ていたのは、ロス・ブラウンではなくパット・シモンズ。

それがわかった瞬間に、勝敗は決まりました。

パーフェクトな予選、そしてレース運びで、チーム戦略を実行したアロンソ。パット・シモンズに最高の誕生日プレゼントを贈りました。

①ロス・ブラウンvsパット・シモンズ

第1スティントを長く取れるだけの燃料を積んで走れば、先にピットインする相手の積み方を見てこちらの作戦をどうにでも変更できる。そんなミュータブルな作戦こそが今日の勝ちポイントであると予測した私ですが、それを採ったのは当初言われていたロスではなく、パット・シモンズでした。

ロス・ブラウン、なんと予選後「とにかく積極的に行くしかない」と言っていたそう。なんだって!! そのひとことに、すでに作戦の端緒が見えていたのにぃ~。レース前に知りたかったよ(まぁ知ったところでどうにもなりませんが)。

これについては、川井さんが気になることを言ってました。「ミハエルは予選でミスをした」と。てことはあのプレカン、いかにもガソリン積んでるっぽい匂わせ方をしてましたが、実はちょっとした強がりと、攪乱的発言だったんですね。


②BSvsMI

結果的にはMIの勝利。昨日まではBS有利と思われていたし、現にフェラーリだって、マッサがソフトでロングランテストをし、データをきちんと出してからソフトを選択したという経緯があります。

しかし、今日は昨日に比べてやや曇りがちでしたよね。路面温度も少し低かったんじゃないかな。そんなことが、微妙に影響したかもしれません。路面がもう少し高かったら、MI、もっとグレイニングが出てたかも?

MI、表面をサンドペーパーのようなもので(手で)削ってる、とけんさわさんのサイトで紹介されてましたが、そういう「ほんのちょっと」のエッセンスが勝敗を分けたのでしょうか。

でもこれ、アウトラップを速くするための仕込みだったそうですが、アウトラップといえば! 今日のミハエル(BS)は秀逸でしたよね~。うーむ。微妙なんだろうなこの辺。


③アロンソvsミハエルvsキミ

今のベスト3ドライバーがポディウムに勢揃いしたという意味では、順当な結果。今回はミハエル×フェラーリ×BSのパッケージより、アロンソ×ルノー×MIのパッケージがやや優れていた(ってことですよね)ため、きわどいバトルはありませんでした。が、

2回目ピットイン直後のミハエルのアウトラップは凄かった!

これが今日いちばんの見せ場でしたね。あり得ない奇跡を目の当たりにさせてくれるミハエル。なんだかんだ言って、やっぱり無条件に凄いと思わせました。キミは残念でしたが・・。


④チーム力を如実に繁栄した4位以下

青、赤、シルバーで6位まで埋め尽くし、以下BMW、ウィリアムズ、HONDA、TOYOTA、レッドブル、トロ、MF1、SAF1。見事にそのまんま並んでいます。そういう意味では、シビアだけどこれが現状。

HONDA、TOYOTAには、今チームが意識しているポイント以外のテコ入れが必要なのかも。何か大切なものを見落としてる気がしてならないのです。

                        

そして。SAF1、2台揃って完走おめでとう! 

それから・・・・


    パット・シモンズ、お誕生日おめでとう・・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ルノー勢は攻めの姿勢がストラテジにも現れ
(攻撃は最大の防御?)
アロンソの賞味期限切れタイヤで信じられないラップ連発を実現したんだと思います。
強い!速い!賢い!三拍子揃っちょります。

ミハエルも往年の毎ラップ予選モードの走りは健在ですね。
今年はタイヤの差が縮まっているのもフェラーリ躍進の大きな原動力なのでしょうね。

日本勢ではホンダが特にヤバイですね~
今季中にもマクラーレン並みの復活を遂げて欲しい!
中段ではBMWが躍進してきました。
そろそろBMWの資本注入がじわじわと効いてきているのかもしれません。
3rdドライバーが優秀なのも大きいですね。
ホンダの3rdドライバーも優秀なんだけどな~
2006/06/12(月) 18:37 | URL | K #-[編集]
>Kさん、

>ルノー勢は攻めの姿勢がストラテジにも現れ(攻撃は最大の防御?)
勝ちのスパイラルに見事にハマっている感じですね。今のルノー×アロンソを倒すのは難しいでしょうね~。

>今年はタイヤの差が縮まっているのもフェラーリ躍進の大きな原動力なのでしょうね。
昨年は散々でしたものね、BS(笑)。今年は複数のチームがBSを穿いていることもあって、ペースを取り戻してきたのがよかったですね。

>ホンダの3rdドライバーも優秀なんだけどな~
地味ながら頑張ってますよね。しかしなぜか、レースに生かされませんね。HONDA、いったいどうする気なんでしょう・・・。
2006/06/13(火) 02:34 | URL | Agatha@管理人 #Q3jq0P2Y[編集]
>Agathaさん
そうですね!
彼なりの勝ちパターンを確立したのかも知れません。
しかも速いマシンは積んでも速い!

>今年は複数のチームがBSを
開発の中心は相変わらずフェラーリなんでしょうが
データ的には有利に働きます。
元MIエンジニアを引き抜いたのも大きいですね。
BSの思想にMIのエッセンスを加えると
こうなりました!みたいなタイヤが今年のBS

>レースに生かされませんね
BMWとは対象的ですね。
彼らはクビカのデータを効率良く有効活用していますね。(ドイツだから?)
デビッドソン勿体無いな~
リソースの問題抱えたSPアグリが欲しがるのも無理ないですな。
ホント!ホンダは何をどうする気なんだろう...。
2006/06/13(火) 18:13 | URL | K #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。