F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紺碧の勝利 モナコGP決勝
2006年05月29日 (月) 00:02 | 編集
自滅するライバルたちを後目に、確実に勝利を重ねたアロンソ。気がつけば、彼の大物ぶりに瞠目させられるGPとなりました。

昨日のミハエルの一件、これでトクをしたのは言うまでもなくアロンソ。しかしその意味は、「優勝をもらった」という事実のみならず、アロンソになぜかつきまとっていたヒール(というか、憎まれ役ですね)のイメージを一新させたことでしょう。

プレカンで、急逝したMIのCEOへの言葉を重ねて口にしたアロンソ。お約束の優等生コメントではありますが、それが清々しく映ったのは、やはり昨夜の一件があったからでは。

・・・・まぁ、とはいっても昨年ナノもやってますけどね。微妙なシケインカット(そして逆ギレ・笑)。

さて。レースは中盤以降怒濤の展開。

残り30周でまずはウェバーがリタイヤ。ハイドロ系でしょうか。黒煙と共にマシンを止め、ステアリング投げてましたね~。

同時に琢磨もout。それまでほとんど国際映像に映りませんでしたが、リタイヤ直前、バトンを抜いてたましたね。けっこうバトルしてたのになぁ。それがマシンに負荷をかけたのか。

続いて、残り28周でキミのエンジンが音を上げる・・・・。やっぱりマクはエンジンがダメダメですね~。しかし、そのあとの対処が鮮やか。まずマーシャルに消火させて、その後エスケープゾーンに車を運んで止めたキミ。冷静な対処が光りました。
そのままMYクルーザーに戻ってワインだか何だか飲んでたキミ。サバサバと達観した様子が素敵でした。

そして、今度は水瓶座のクリエン。「DCを先に行かせなくていいの?」って無線で聞いたクリエンも可愛いけど、「いいんだよ。我々はレースをしてるんだから」と答えたクルーも素敵。レッドブルのファンになりそうでした。が・・・・

クリエン、痛恨のスローダウン。しかしスタッフからは「good job」とねぎらわれたよう。クリーンファイトがいつも以上にまぶしく感じられました。

いちばん残念だったのは、残り5周でスローダウンしたヤーノ。ポディウムは目の前だったのに。
一方、HONDAのケロもピットレーンのスピード違反によりドライブスルー・ペナルティ。獲れたはずのポディウムを逃しました。
TOYOTA&HONDA、いろんな意味で今一歩か。

さて、そしてミハエルですが。

ピットスタートで、さらに給油もなし。この時点で、とことんクリアな状況で純粋にバトルするんだなって意志は伝わってきましたね。で・・・・案の定、ファステストラップは記録するわ、結果的に5位入賞するわで、最後まで魅せてくれました。

ある意味、彼のドライビングの巧さを痛感させられたGPとなりました。「普通に行ってれば勝てたかもしれないのに、何であんなことを」って言われてましたが、彼は記録が欲しかったんでしょうね。

最後に。

BSvsMIについては、今回はドローかなって感じですね。ウィリアムズが2台ともリタイアしたことでBSソフトの真価を評価できなかったってこともあるけど、結果的にポディウムを独占したのはMIだったわけで。

やはり今回は、亡くなったMI CEOに捧げるGPだったのかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
最近のFIAは、
裁定が厳しいように感じます。
昨年のホンダの件でもそうですが、きわどい事すると厳しい制裁を下されているように感じます。
M.シューマッハは最後尾からの追い上げがスゴです。
ポールからのスタートしていたら優勝できたかもしれませんね~勿体無いです。(ーー)
さらにポイントが開いてしまい、タイトル争いは厳しくなりました。
マッサにしっかりサポートしてもらわないと厳しいのですが、モナコGPのレースを見るとあまり期待できないですね…
2006/05/29(月) 16:40 | URL | ユウ #-[編集]
>ユウさん、

ペナルティ厳しかったですね~。昨年のHONDAは政治的な印象がありましたが、今回も手加減がなかったことに逆に驚きました。
しかし最後尾からの追い上げは見応えありましたね。次回は再び上位バトルが見たいですね。マッサも頑張れ!(笑)
2006/05/29(月) 21:19 | URL | Agatha@管理人 #Q3jq0P2Y[編集]
モナコで
クルージングするアロンソ
MI勢が今季初めて“余裕”を感じた瞬間でしたね。
「昨日のミハエルの一件」で得をしたのかは解らないけど、右京氏曰く精神戦で有利に働いた事は大きい。

ミハエルSCで救われた感はありますが
“最低限”の仕事を完了してアロンソに10ポイント与えませんでしたね。

何回も言うようですが・・・
ここにホンダ、トヨタが絡んでいないのが
日本人として一番「残念~!」
そして何より琢磨のリタイヤが...
SA06が走るマシンであってほしい(_ _)人
2006/05/30(火) 20:05 | URL | K #-[編集]
>Kさん、

MIはグレイニングが出ていたみたいですが、アロンソがうまく労って最後まで持たせましたね。ミハエルの猛追がなかった分、確かに精神戦では有利だったでしょう。

SA06、どの程度のマシンに仕上がるんでしょうね。そろそろクラッシュテストの段階みたいですが、ちゃんと走れるマシンにしてほしいですね~。
2006/05/30(火) 23:04 | URL | Agatha@管理人 #Q3jq0P2Y[編集]
>MIはグレイニングが出ていたみたいですが、
リヤですね~MI攻めてますね~
最後はエンジン労わり~のいつものクルージング
それにしてもルノーのエンジン壊れませんね~
このチーム、ハードもソフトも完成度高い!
こうなったらホンダにゴーンさん迎え入れましょう!w
でもこのチーム、
昨年から慢性的にリヤがヤバイですよね~?
マシンのセッティングとトラクションが関係してると思うのですが、タイヤのオイシイ部分を使い切ってるとも言えます。この辺ホンダが苦戦しているブブンなので要努力ですね。

>ミハエルの猛追がなかった分、
そうですね!それもありますね。
シーズンを通しての精神戦も重要なファクターなので
ここでMI勢が勝利した事は大きいし今後の展開が益々面白そう。

SA06、エアロはまあまあなので
もっと軽く造れてギヤとサスを変えれば
走れるマシンになると思うんだけど...。
SA06期待!!
2006/05/31(水) 01:26 | URL | K #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。