F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"Making history"
2013年04月24日 (水) 07:20 | 編集
遂にこの日がやってきました。いつか来ると信じていたけれど、それでもほんとうに実現すると夢のよう。
ということで皆さん、まだまだ感激さめやりませんね

congrats-taku3.jpg

どうだ! このキラッキラした笑顔
しばらくご無沙汰していたこのブログですが、やっぱりこれは書き残しておかないとね



長く険しい道がありました。なかなかかみ合わない歯車がありました。
応援していたからこそ、見ていてつらかった。
周囲の心無い、厳しい言葉が悔しかった。

だけど。

やってくれたー
ほんとにほんとに、やってくれたー

congrats-taku1_convert_20130424055605.jpg

インディは時差がきついので、時にはリアルタイムでフォローできないレースもありました。
だけど・・・
あの日、運命の4月22日月曜日。
ウソみたいに早い時間に目が覚め、PCの前に座れたのでした。

公式サイトのWebラジオとlive timing、それからTLで観戦モードに突入(Gaora観ろよ!)。
そしたら・・・
聞き間違い!? って思うくらい好調で。

「あーっ、やっちゃった~」
「おっと、派手にクラッシュだ!」
なんてラジオの実況が叫ぶたび背中が凍りましたが、まったく琢磨さんのことじゃなくて(笑)。


琢磨さんはひとり淡々と、確実に、しっかりと、
レースのほとんどの周回でトップを快走していたのでした。

                            

40周に入ろうかというあたりから、呼吸が苦しくなって。
もしかしたら、いや、でもまだ半分・・・。
ファイナルラップの最終コーナーまで油断禁物!
・・・そう、わかってはいるけれど。

そして、運命の瞬間。

「タクマサトーが歴史を作った!」

実況がそう叫んだ瞬間、ネジが切れたように号泣してしまった・・・。


いや~、来るんですね! こういう日が!!!


ちなみに今のindycar公式サイトのトップはこの画像

04-23-Sato-Celebrated-In-Japan-Std.jpg

日本で華々しく報道されていることを記事にしています。
誇らしい! 私が優勝したわけじゃないけど、胸を張りたい!!(笑)



ところで。

もうひとつジーンときたのは、チェッカー直後の琢磨さんに駆け寄った松本カメラマンが、日の丸を渡されたことです。

仕込んでたんですねー、松本さん!!!
いつか優勝したときに! って、信じて。

折り目がしっかりついていて、なかなかキレイに開かなかった、日の丸。
それを背にした、琢磨さんの満面の笑み。

なんかほんとにごちそうさまです!!!(ん?)


あーもう、これから何があっても耐えられるな私!
逆境もびゅんびゅん吹き飛ばして、ハードルだってひょいっと越えて、たまにつまづいてもヘヘッて笑って、どこまでも走ってゆける気がします。

だって、琢磨さんは歴史を作ったんですから!!!

スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。