F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いきなりSC 粘りのレースへ アブダビGP決勝 Vol.1
2010年11月14日 (日) 22:40 | 編集
いよいよこのときがやってきました。コースコンディションは良好。ここのところ雨絡みのレースが続きましたが、いろんな意味でガチンコ勝負が期待できますね。

クビサはハードを選択。それ以外、上位勢はほぼオプションです。

さあ・・・


ブラックアウト。

アロンソひとつ順位落とした。コンサバなスタートですね。

ミハエル単独スピン・・・リウッツィが乗り上げました。いきなりSC。ピット入るクルマは・・・ニコ、ペトロフ、ハイメ、セナ、・・・後方のクルマはほとんど入りますね。

リプレイ映像。ミハエル、どうしちゃったんでしょうねー。クルマが悪い、とは言っても・・・。

アセンダントを軸にYODを形成してたからなー。じっくりじりじり、粘り腰なレースになる予感(ごめんなさい、星の話です)。

ミハエルとリウッツィ、談笑してるよー。これが逆の立場で、ミハエル全盛期の出来事だったら・・・皇帝の怒りにリウッツィがボコボコにされてたはず 

SCなかなか入れないですね。リプレイ映像をいろんなドライバーの車載で繰り返しています。



6/55 ようやくリスタート。

カムイはすでに8番手にジャンプアップしています。クビサもスーティルを交わしました。

7/55 あー、カムイ、ケロに仕掛けて! ダイナミックですねー。ケロ、意地でこらえました。great battleとアプリくん評。

8/55 アロンソ、ようやく46秒台に入れました。タイヤあったまってきたかな。

これ、マッサの役割いろいろありますよねー。まだ何もできてないけど・・・

おっと、言ってるそばからマークがウォールにキス。解説陣が「ありえない」的コメントを続けますが、これがウェバーなんですよーって思うのは私だけ?(ごめんなさい)

10/55 一方でニコニコバトルも展開中(笑)。

暮れていく夕陽にもの悲しげなマッサの車載。いろんなものと格闘しているのでしょうね。

11/55 マーク、リヤのグリップがないと無線。ピットに入ります。プライムに替えてコースへ。さあ、タイムはどうかな。そしてどこまでタイヤを持たせることができるか。

フェラーリのクルーも出てるけど・・・ あ、戻りましたね。

しばらくはマークのオーバーテイク祭りかな。・・・あ、フェラーリまた出てます。

14/55 アロンソ、じゃなくてマッサが入りました。ウェバー攻撃部隊かな。マークの後ろでコースに戻ります。

マーク、ハイメをまずは料理。にしても、やっぱり粘り腰のレースですね~。ちなみにYODを形成していたのは土星と火星。ガマンと速さを天秤にかけてじりじり戦、って運勢です>このレース。

16/55 アロンソ、ピットイン。マークの前で戻りました。ハイメに引っかかってるのはマッサ。

18/55 ニック、ファステスト。ってことはハードの方がいいですね。

19/55 動くシケインだったケロがピットへ。押さえ込まれてたカムイがどこまでやれるか。ニコの快走も光ってますね。


スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。