F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早くもドラマの予感 P3
2010年11月06日 (土) 23:51 | 編集
土曜日はウエット仕様。雨のインテルラゴス、映像見てるだけでサンバが聞こえてきそう。「ブラジルのファンは最高だよ。ずっと歌ったり、踊ったりしてるんだ」とはマッサの弁。映画やTVドキュメンタリーでよく見かける、サンパウロの風情が自然と浮かびます。

と、いうのも。

ここブラジルは、必ずドラマが起きるGPだから。モードがすでに、ドラマティックに振れちゃってるんですよね。




さあ、そして。そんなドラマを暗示させるかのような、クビサの一番時計。あんなコンディションで、なんだかもうワケがわかりませんが、でも。伏兵クビサの存在感にヒヤッとさせられるインテルラゴス。やっぱりかなーり、おもしろい

順当に行けば、勝って当然のレッドブル。だけどベッテルvsウェバーは日に日に過激になってるし、正直ウェバーは腰が引けちゃってるし。いつも通り普通に走ってたベッテルに対し、なるべく走らず、現状維持を優先させたウェバー(まあウェットだったから、他のドライバーも大同小異って部分はあったかもしれないけど、でも)。そういう保守的な感じ、普通のお父さんだったら大切だと思うんですが・・・

アロンソは一見追われる立場に見えますが、実は「追う立場」としてレースに臨んでいると推察。というか確信。

マッサはもうなんかかわいい。健気でいじらしい。間違いなくトップドライバーのひとりであり、あのフェラーリの正ドライバーなのに、濃密に漂うセカンドオーラorz 最後の最後に「突き抜ける」ことができなかった場合、こうなるんだなーって。なんか、禅の境地っぽい・・・



ところで、皆さんの中でも多くの人が愛用されていると思われる、iPhoneアプリ。あれ、優秀ですねー。ルイスがウィング替えたら、「ローダウンフォースのウィングです」みたいなこと教えてくれるんですよね。

アプリと、Live Timingと、Twitter同時チェックしながらリアルタイムで観てる人、多いだろうなー(ねっ!)。ひとりプラットフォーム、みたいな。・・・痛いって? まあまあ、そう言わないで(笑)。

P3結果
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。