FC2ブログ
F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
モンタニーのお手並みは FP1
2006年05月05日 (金) 19:14 | 編集
怒濤の中始まったヨーロッパGP。FP1が終わり、まずはモンタニーお手並み拝見と相成りました。

結果は・・・・

琢磨と0コンマ1秒の僅差。敢えて僅差と言っていいでしょう。やはり当面の比較対照は井出っちですから(しかしマシンは違うんですけどね。モンタニーが乗ってるのは、こないだまで琢磨が乗ってた車だそうです)。

これ・・・・

モンタニーが速いのか、琢磨が乗り換えたニューエアロ号が「そうでもない出来」なのか。残念ながら厳密には比べ切れません。が、とりあえずパドックで「ほら、やっぱりモンタニーにしてよかったじゃん」的な感想を生むのは必至。切ないけど、これが現実でしょう。

1番時計はブルツ。以後アンソニー、クビカ、ミハエルと続きます。ブルツってマクラーレンのイメージが強いけど、ウィリアムズなんですよね。ウェバーとニコは走っていませんが、好調が予見できます。

HONDAは、2番手のアンソニーを筆頭に、ジェンスとケロが6、7番手をキープ。「そろそろケロが覚醒してきた」との噂は本当なんでしょうか。以後要チェキです。

そして、4番手のミハエル。サードくんたちを除外すると事実上のトップタイムです。ま、アロンソを始めとしてタイム計測してないドライバーたちもたくさんいるのはいつものことですが。とはいえミハエル、シューマッハ家お膝元のドイツで勝つ気まんまん。ちなみにラルフもキミの次、9番手につけています。

しかし・・・・

中盤以降、ずっとモンタニーに先を越されていた琢磨。ほんっと、ヒヤヒヤしたよ・・・。終了直前、まさかって感じでモンタニーの前に滑り込んだとき、思わず溜息が出ました。

琢磨、ミッドランドとは1,75秒差。逆に開いちゃってるし・・・・。ニューエアロほんとに効果あるのかな??
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .