F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェラーリ、久々の1-2 ドイツGP決勝 Vol.2
2010年07月25日 (日) 21:44 | 編集
33/67 ハルク、オプションのままステイしてますが、タイムがハンパなく遅い。なんでピットインしないのかな? 同じくステイアウトのデラロサはいいんですけどね。タイヤに何か作っちゃったかな。

35/67 デラロサ、ハルクの前に出ました。ここでピットインするハルク。遅い。。。

36/67 スーティル、派手にオーバーラン。ピットでタイヤを替えました。オプションを選択。

40/67 オプション選択のスーティルがファステスト。さあ、動くチームはいるかな?

41/67 マークに複雑な無線。「バトンから4秒落とせ(現在3,5秒差)。スリップに入るな。しかしスロットルは戻すな」。ブレーキに問題?

42/67 バトンに無線。マークの無線を伝えてます。安心しろ、ってことか。

46/67 マーク無線。オイルトランスファーの問題だった模様。

48/67 マッサ無線。あー、出ましたね。「アロンソがファステストを出した。今のメッセージわかったか?」ようやくチームオーダーです。そうこなくちゃ♪ 遊びじゃないんです(ミハエル以外は♪)。レースです!

49/67 露骨に譲った(笑)。さすがマッサ。器用な駆け引きの出来ない男w そんなことしてるとチームを追い出されますよ! 何年かの、ゴール間際のケロを思い出しますね。表彰台で、優勝したミハエルが最上段をケロに譲ったときですね。

50/67 マッサ無線。「よくやった。そのままいてくれ」。あーあ。今回から全無線がOAされることになったのを知らないわけないでしょーに。これは下手したら審議入る?

さあ、アロンソとベッテルのタイム更新合戦タイムに入りました。マッサ、ベッテルに抜かれちゃうかも?? マッサに精神的同様のある今はベッテルにとってチャンスです。

53/67 デラロサ、オプションに替えてコースに戻ります。

54/67 デラロサ、フレッシュタイヤでハルクを抜きました。

「おじさんのポケットの中にある何か」? カムイがデラロサのことをそう言ってるんですね! 言葉のセンスがすばらしい。しかし、デラロサは水瓶座。数時間後に行われるINDYにもこの流れが有効ならいいけど・・。

58/67 ペトロフ無線。「7速のシフトアップをさっさとやれ」。ポケットがまだ小さいからですねw

59/67 パーツが飛んでる映像。あ、遅いヘイッキにデラロサがヒットしちゃったんですね。デラロサ、ピットイン。やっぱり流れはここで断ち切ろう(笑)。INDYは別物ってことで。あ、プライム穿いてます。

60/67 ミハエルにトラブル? それともオーバーランしただけでしょうか。あー、ブルーフラッグで譲ったのかも。

62/67 ベッテル、マッサを猛追中♪

ニコまで周回遅れになっちゃいました。このままチェッカーか。カムイは11番手。惜しいポジション。

66/67 ジェンスが派手に膨らんだ。が、順位に変動はありません。アロンソ、すさまじいファステスト。

チェッカー

いちばん巧いドライバーが勝ちました。久しぶりに! チームオーダー問題が尾を引かなければいいんですが

アロンソ無線に続いて、マッサ無線。「フェリぺ・マッサが帰ってきた!」。使っては行けない4文字を普通に使ってましたねw しかしこの流れ、明らかにチームオーダーを暗喩した?恣意的なピカップ。


さて。
もしこれがフェラーリ復活を示しているなら、チャンピオンシップはおもしろくなりますね。あー、アロンソ、やや躊躇しながらマッサに話しかけました。マッサは複雑な感じだけど一応笑顔めいたものを作ってる。マッサ、オトナになったね・・。


ああ、やりましたね! 表彰式の後、マッサとアロンソを連れて表彰台のいちばん高いところに上げました。かなり、はっきり、やりました。イタリアって家族を大事にするんですよね~。

さあ、プレカンです。
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。