F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
複合的要因せめぎ合い。じっくりおもしろかったイギリスGP決勝 Vol,3
2010年07月11日 (日) 22:34 | 編集
37/52 ペトロフに襲いかかるベッテル。あ、抜きましたね。さすがベッテル。最後尾からポイント圏内へ。

39/52 ベッテル、今度はハルクをクリア。次はミハエルだ♪ ミハエルはただじゃ抜かしてくれない?(笑)
あおる無線。こりゃー行くしかないっしょ

40/52 マッサ、ダメなんですね~。アロンソにも抜かれちゃったし。タイヤ替えて、で、いいの? あー。派手にコースオフして、フラットスポットを抱えてたんですね。

41/52 ベッテルvsミハエル。ああ、あんまり開けてくれなかったけど、かろうじてベッテルが前。ミハエルもベッテルには敬意を表したか。

ペトロフ、ピットへ。こちらも何かあった?

あああーーー、そんなにインフラ改善されたのか。今年、最初はここに来るつもりだったんですよ。結局モナコにしたわけですが・・・。ほら、遠いから、シルバーストーン。でも、もし来てたら最高でしたね! 快晴&渋滞ナシ。夢のようなシルバーストーン。

閑話休題。

43/52 続いてスーティルに襲いかかるベッテル。しかし、何というか幸せな気分です。レースを愛してるシルバーストーン、画面から何か伝わってくる~。地上波だと難しいだろうなぁ。。

44/52 ベッテル、トライするが失敗。ターン11でトライしましたが。

46/52 ハイメ、ストップ。

フォースインディアは抜きにくい、という話。ベッテルとアロンソ、共に標的はフォースインディア。ビジャ・マリヤの巨大クルーザーを思い出します。

残り3周。ファイナルラップまで気が抜けないのはカムイですよ~w 

51/52 アロンソ、ピットへ。何やっちゃった?? オプションに替えてます。あ、リウッツィと接触してますが・・・でも、それほどのもの?? 同時にベッテルが一瞬オーバーラン。シンクロニシティ?(まさか~)

52/52 ベッテル、当たりながら前へ。ペース上げてるベッテル。おもしろい! マッサ、地味にファステスト。続いてアロンソ、ファステスト。ああ、この記録出したくてピットへ?(笑)



チェッカー

ウェバー、誰も関心がない状態で優勝。ルイス、ニコまでが表彰台。バトン、ケロ、カムイは堂々6位入賞。ベッテル、最後尾から7位入賞。スーティル、ミハエル、ハルクまでがポイント圏内。アロンソ14位、マッサ15位。左近、20位完走。


マシンの仕上がりでだいたい順位予想できた中、ドライバーの力で残ったルイスとニコ。チームメイトとのバトルでいい刺激を受けて反骨精神全開、スタートで前を取った瞬間(トラブルなければ)勝ちを取ったウェバー。気が急いて細かなミスを連発したアロンソ。しかしファステストを取ってかすかに溜飲を下げる結果に。


快晴のシルバーストーン、複合的な要素が幾重にも重なり合って、複雑かつ味のあるレースを堪能できました。ああ、行けばよかった今年!
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。