F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マクラーレン、不調深刻 Q2
2010年07月10日 (土) 21:45 | 編集
マッサはオプション、アロンソはプライム。だからアロンソ、プライム好きなんですってば(笑)。キレ味より安定性を優先。彼らしいマネージメントです。

ペトロフはトラブル。どちらか1台が犠牲(運として)になることにより、もう1台が活躍・・・ってけっこうアリがちなウラ法則なんですけどね。今回はどうでしょうね~

残り4分。ようやくオプションを穿いたベッテル。08年モンツァを思い出しますね!

あー、S1あんまり速くないんですが、これが「わざとの加減」ではないか、と。んー、結果は2番手タイムでしたが・・・どうだったんでしょうね。彼的には。

ああそうか。各セクターをベストでつなげるのは、乙女座得意なんですね。だからウェバー。トラフィックにさえひっかからなければ、「けっこうなお手前」は乙女座の真骨頂。しかし原則に強くても例外に弱い。だから予選番長になりがち。

順境のときは速くて当たり前。そうじゃないとき、どこまで出色の走りを魅せてくれるのかがおもしろいところでもあるのですが・・・そのまんまの結果を出しちゃったバトン。イマイチなマシンでイマイチの結果。至極普通です。一方のルイスはまずまずなのにね。

ノックアウトは、ブエミ、ペトロフ、バトン、ハルク、カムイ、スーティル。

カムイ、デラロサとの差は0,02。まあ、デラロサが本気出したんでしょう
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。