F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冷静なレース運びでマクラーレン快勝 カナダGP決勝 Vol,4
2010年06月14日 (月) 02:44 | 編集
59/70 リア、けっこうキテますよね。しかしレースは何事もないまま粛々と進行。ミハエルを追うブエミの画まで抜かれるしー。

60/70 クビサ、ピットイン。オプションをまだ穿いてなかったんですね。この作戦どうなの?

61/70 ブエミがミハエルを抜いちゃったー。・・・3年前のアロンソファンもこんな気持ちだったんでしょうか。マシンが調子悪いんだよ! みたいな・・・

さあ、ぶっちぎってるのはルイス。勝つ気です。ここの真ん中@ポディウムだけは譲れないんでしょう。・・・速い。速すぎる。・・・と、思ったら。クビサ、オプションのニューでファステスト更新

63/70 ルイス無線。最後に「タイヤいたわろうね」は当然きますよね。というか、この一言を言うための無線だったのでは。

おっと、ミハエルの後ろにマッサが来ちゃいましたね。マッサくん、先生を抜くのは難しい。エンリョしてたらフロントウィング壊しちゃったし。

「ミハエルが厳しい(抜かせない)」との話になってますが、当然じゃーーーん。それがミハエルですよねっ。いい悪いは別にして

65/70 マッサ、ピットへ。

66/70 ベッテル無線「ファステストは誰?」 「ンなこと考えるな。レースに集中しろ」 超おもしろいw それでこそベッテル

あー、ミハエルにペナルティ出そうですね。マッサを妨害?ってことかな。あれはマッサが下手だったようにも映りましたけどねー。ビビってたって感じ。てゆーか、個人的にはすごくおもしろかったんですが! もっとやってほしいんですが!(笑)

68/70 マークの姑息な無線妨害(笑)についてバラす解説陣。実にマークっぽくて笑えます。

ファイナルラップ。結局SC出ませんでしたね。ルイス、バトン、アロンソ、ベッテル、マーク、ニコ、クビサ、ブエミまでが順位確定かな。次はミハエルなので、もしかしたら25秒加算とかありますね。

今チェッカー ルイス、チャンピオンシップでもトップに躍り出ました。でも、速いし大人だったし、よくやったと思います。

・・・あ! コース上でミハエルがスーティルに交わされました。スーティル、最後にがんばりましたね。リプレイ映像。パーツ飛ばして接触してます。でも抜いたスーティル。おもしろい!

ベッテル、早々とマシン止めてます。駆け寄るプレス。



さて、さて、さーて! この調子でいけば、マクラーレン勝っちゃうんじゃないの? と思わせた1戦でした。チャンピオンシップに、ですよ。じわじわとついてくるアロンソも不気味ですが、速さのあるマクラーレンの方が今んとこ有利に見えますね。

レッドブルと比べても、チームのバックボーンが違いますからねー。レッドブルはいろんな意味で若い。狡猾さと経験の足りなさが、今後影響を及ぼしてくるんでしょうか。ベテランって・・・たとえばニューウェイでしょうけど、彼はマシン作る人ですからね。また役割が違う。

さあ、表彰式です
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。