F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P3 トップタイムはウィル・パワー
2010年04月18日 (日) 03:40 | 編集
琢磨選手、いよいよオンボードカメラ来ました。実況でも、今まででいちばん触れてた気がします。そうやって少しずつ受け容れられていくんでしょうね~。

途中で止まるマシンが映し出されるびにヒヤッとする私(笑)。琢磨選手、セッション終了直前に一瞬あわやってシーンがありましたが、あれはどこまで行けるか試したんでしょうね。

オンボードが入ってよくわかったのは、F1とは相当違うってこと。ステアリングの切り方が全然違いますね。F1風に言えば超ピーキーな印象。同じ感覚でやっててはダメなんでしょうね。クルマという名前で呼ばれてはいるけれど、まったくの別モノ。別カテゴリーとはよく言ったものです。

P3では20番手というポジション。このまま数時間後に予選を迎えるわけなので、どうかなぁ。グリッド的には期待できないのかもしれないですね。でも、グリッドなんて関係あってないようなものですもんね(言い過ぎ?)。とにかく、決勝では最後までコースに残っててくれればそれでいいって感じです。あ、ちゃんと動くマシンでね!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。