F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
INDY第2戦 St. Petersburg決勝 ウィル・パワー優勝
2010年03月30日 (火) 02:02 | 編集
1 Will Power
2 Justin Wilson
3 Ryan Briscoe
4 Helio Castroneves
5 Dario Franchitti
6 Alex Taglian
7 Danica Patrick

ウィル・パワー、スタート直後にがんがんオーバーテイクされまくってたんですけどね。インディって基本サバイバルレース&運(?)なんですね~。フルコースコーションが入るのはお約束なわけですから、順位総リセットも十分アリ。コースに残ることが大事なんですね。

6位のTaglianは、琢磨選手クラッシュの原因となったバトルの相手。結果論ですが、一時はそれなりに抜かれてたウィル・パワーが優勝してるので、あのときオーバーテイクさせちゃってもよかったのかもしれませんね。F1なら考えられないけど、インディってそれも戦略なのかなぁ。どーなんでしょうね。

ダニカ様、22番グリッドとか、すごく後方からのスタートだったはず。結果こうなるって、すごいというべきか、それがインディというべきか。

武藤選手は14位フィニッシュです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。